ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2019年04月08日
ブログ

物件の囲い込みが引き起こす負の連鎖。

数年前から不動産の囲い込みが話題になっていますね。

静岡市で不動産業に従事して、まだ3回しか囲い込みの経験はありません!

静岡には三井や住友、東急リバブルなど超大手不動産仲介会社が存在しないことも一因でしょうが、かなり少ないです。愛知県にいた時には、囲い込みはしょっちゅう起こっていましたので。

囲い込みで最も厄介なことは、連鎖を起こすことです。

A社の囲い込みによって物件の紹介を出来なかったB社は、A社からの問合せに対して囲い込みをするのが、不動産の世界です。

そして挙句の果てには、売物件の所有者を登記簿で調べて、直接売主様に話を持っていくというルール違反まで起こります。

囲い込みで困るのは売主さん

不動産売買の仲介において、売主買主双方の仲介を一手に請け負う両手仲介が最も利益を上げることが出来るため、多くの不動産会社が両手仲介を目指します。

しかし、両手仲介を目指して囲い込みを行うと、本来不動産会社間で共有されなければいけない情報が共有されなくなってしまいます。

当然ながら買主が見つかる可能性は低くなり、売却価格の低下・売却の長期化に繋がります。

これが住替えのお客様で、売れないと買えない、買ったから早く売ってローンの返済に充てないといけないなどの事情がをもつ場合でも、平気で行うのでゾッとします。

囲い込みの被害を一番受けるのは売主さんで、囲い込み業者は自社で両手仲介が出来るというメリットしかありません。

大手の会社さんはすごいし、ずるい。笑

静岡であった3件もそうですが、基本的に大手の会社さんに囲い込みは多いです。

おそらく販売力に自信があるのでしょう。

ただ独立開業して強く思いましたが、囲い込みはするのにこちらの新着物件に対しての反応は早いんですよ。笑

良く情報を集めているのはさすがだなと思う反面、ずるいなと。もちろん、あっさり紹介してしまいますが!

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 大柄な見た目以上に声が高く萌えないギャップ / 髭が濃い / 仕事になると真面目 / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア101。まだまだ遠い道のり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward