ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2019年04月16日
ブログ

新築後3年度は建物の固定資産税が半額です。

昨日、静岡県外にいる友人から久しぶりに電話がありました。

何だろうと出てみると、「固定資産税が急に上がった!役所のミスかな!?」。

さすがにそんなことないだろうと、話を聞くと、新築の固定資産税減額措置が終了したことが原因だと分かりました~。良かった良かった。

彼が住宅を取得したのは平成27年の夏前!

今年が新築取得後4年度目に入るタイミングでした。

新築後3年度は、建物の固定資産税が2分の1に減額されます。

今年が新築後4年目になるかたは、注意してくださいね~

減額対象は固定資産税のみ!都市計画税は対象外!

みなさまの手元に来ている固定資産税等の納付書を見ていただくと「固定資産税・都市計画税 納税通知書」との記載がされているかと思います。

一般に固定資産税と呼ばれる税金には、実は固定資産税と都市計画税という2種類の税金が含まれています。

双方ともに地方税ですが、固定資産税は不動産を所有している場合に、都市計画税は市街化区域に不動産を所有している場合に課されます。

課税標準額に対し、固定資産税は1.4%・都市計画税は0.3%の利率で課税されます。

新築後3年度の減額が受けられるのは固定資産税のみで、都市計画税は減額がありませんのでお間違いのないように!

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward