ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2019年05月06日
ブログ

【不動産営業マンの見極め】経験と対応がモノをいう

不動産営業マンの能力は、経験対応で見極めてください。

 

日本全国にはコンビニの倍近い数の不動産会社が存在しています。

それだけたくさんの不動産会社から、できる不動産営業マンをどのように見極める

のかを、僕なりの考えでお伝えいたします◎

経験がモノをいう

まずは経験です。

不動産に関わらず、どんなことにおいても経験者であることは安心感が違います。

 

とりわけ、不動産の売却時・購入時には、様々な法令や規制、税金や住宅ローン等

が関わってきます。

経験は資産や大きなお金を扱う上で、これ以上ない安心材料となります。

 

ただし、重要なのは

 

業界歴≠経験        ということ。

  経験  =取引数と取引内容  です。

 

建物の売買だけを例にとっても、

仲介、買取、新築、中古、リフォーム、リノベーション、居住中、空家、借地権付、

インスペクション、瑕疵担保、心理的瑕疵、太陽光発電付、既存不適格、再建築不可、

事業用、収益物件、収用、賃借人退去、長期譲渡、短期譲渡、未登記など

 

様々な取引が考えられます。

これらは実際に取引をしてきて経験してないと、提案や事前案内、契約内容に不備が

生じる可能性さえあります。

どんな対応をするか

どんなに優秀で、経験を積んでいる不動産営業マンでも、分からない事は絶対に

あります。

他人の不動産をご案内するので、当然です。

事前に調べておきますが、調べても分からないこともありますし、まったく想定外

の質問がくることもあります。

 

その時に、どんな対応を取ってくれるかが重要です!

 

その場しのぎで、適当にそれっぽいことを言う不動産営業マンが多い印象ですが、

そんな不動産営業マンには要注意です!

 

必ず、調べてから返答を下さる方をご指名ください。

特に、対応スピードと返答内容が充実している方は、おすすめです。

不動産会社(担当者)を選ぶ時代です

インターネットの普及により、静岡市にどんな不動産会社があり、どんな方がいる

のかを調べることが出来ます。

 

近所の不動産会社だけに頼っていた昔とは違って、売主・買主が不動産会社を選ぶ

ことができる時代に突入しています。

 

名前で選ぶも良し!商圏や人柄で選ぶも良し!知識や信頼で選ぶも良し!

ただし、自分達の大切な資産をお任せする相手として、ふさわしいのか。

経験や対応に注視して、見極めてください◎

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward