ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2019年05月23日
ブログ

家が持つ雰囲気って感じた事ありますか?

仕事柄、査定時にお邪魔させていただいたり、お客様の家でお打ち合わせを行ったり、

 

数多くの家を見てきました。

 

木造や鉄骨、建売や注文住宅、ハウスメーカーや地元工務店など多種多様な家を

 

見させていただきましたが、1件たりとも同じ家はありませんでした。

 

構造や間取、外観などはもちろん異なりますが、最も感じるのは「家が持つ雰囲気」

 

が1軒1軒本当に違うな、ということです。

〈お手入れ〉が雰囲気を構成する

陽当たりや築年数などに影響される部分も多少はありますが、売却をお任せいただき、

 

どう販売していくかを考える立場から感じるのは、「家が持つ雰囲気」には家への

 

〈お手入れ〉の差が大きな影響を与えるということ。

 

「家が持つ雰囲気」が良い家には、得てして〈お手入れ〉が行き届いており、大切に

 

住まわれていることが多いです。

 

ここでいう〈お手入れ〉とは掃除や、不具合時の対応などで特筆してリフォームなどを

 

指すわけではありません。

 

 

実際に訪問査定時にご自宅にお邪魔させていただくと、室内を見て回らずとも

 

「あっ売れる家だな。」と感じることがあります。

 

言葉では何とも言い表せない感覚なのですが、見れば分かります。

 

そして、この感覚は私が不動産屋だから感じるのではなく、一般の方でも何となく

 

感じ取れるものです。

雰囲気でNGになる購入希望者は割といる

条件ばっちり!予算にも収まる!物件数も少ないエリア!

 

の中古物件を内覧して、『ここが嫌だ!』という理由も、『ここを直してほしい!』

 

という要望もないけど、なんだかこの物件ではない。という方にしばしば遭遇します。

 

これはおそらく「家の持つ雰囲気」が気に入らなかったのだと思います。

 

中古住宅の販売をしていると、結構な高確率で遭遇します。

 

 

逆に条件が多少ずれていても、予算が多少オーバーしていても、『これだ!!』という

 

物件に遭遇する方もいらっしゃいます。

 

不思議な気がしますが、これも「家の持つ雰囲気」との相性なのだと思います。

 

 

経験上、この相性は新築戸建ではほぼありません。

 

理由は家にまだ売主や所有者の思いが入っていないから。

 

「家が持つ雰囲気」は中古物件の魅力の一つです!!

 

売主様は焦らず、じっくり探せば相性がバッチリの買主様が見つかるしれません。

 

買主様はありきたりな新築では物足りない場合は、中古住宅に目を向けてみると思わぬ

 

出会いがあるかもしれませんよ。

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward