ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2019年05月20日
ブログ

【住まい探しをしている方へ】ポスティング禁止はもったいない!

今日は雨が降る前に、今週やっておきたいポスティングを行いました。

 

清水区神田町で売土地がでましたので、その情報を周辺地域にお届けです。

 

 

ポスティング中に、ふっと思ったんですが、「ポスティング禁止」「印刷物等無断

 

投函禁止」の張り紙などをしている方が結構な数いらっしゃるなと。

 

当然そういったお部屋には投函をしないのですが、住まいを探していらっしゃる方が

 

その張り紙をしてある部屋に住んでいたら、もったいないな~と思いまして。

 

張り紙をしない方が良い買い物が出来る可能性は高いですよ!

ポスティングチラシには最新情報も多数

たとえば私が今日ポスティングした清水区神田町の物件。

 

まだポータルサイトの掲載もありませんし、現地看板もありませんし、紙媒体のチラシ

 

への掲載予定もない、最新情報です。

 

ポスティングが入った近隣の方しか情報は知りません。

 

この近隣ポスティングのみで売却が成立する場合も往々にしてあります。

 

しかし、ポスティング禁止のお部屋にはこれが届きません!!

 

知らぬ間に土地が売りに出て、知らぬ間に誰かが買っていくのです。

 

住まい探しをしている場合には、本当にもったいない!!

 

無駄なチラシが多く、禁止にしたくなる気持ちは非常にわかりますが、新着や価格変更

 

物件など、最速で情報を届けたい場合には、今もポスティングは使われていますので

 

住まい探しをしている方は、うざったくてもポスティングを許容した方が住まい探し

 

が順調にいくかもしれません!

新着物件をポスティングする理由

新着物件をポスティングするか、しないかは売却を受けた不動産会社に依ります。

 

弊社では、該当物件の中学校区内へポスティングを行っています。

 

 

その理由は、自社の利益に直結するためです。

 

 

不動産売買では、売主・買主それぞれが仲介手数料を支払います。

 

そのため、売主から預かった物件の購入者を自社で見つけた時が一番利益がでます。

 

しかし、物件を預かってから何日以内(媒介契約の種類により異なる。)にレインズ

 

(不動産会社間の情報サイト)へ登録することが義務付けられています。

 

レインズに掲載後は他社が買主を見つけてくるかもしれません。そうすると買主から

 

の手数料はいただけませんので、売主からの手数料のみとなります。

 

そのため、レインズ掲載前に買主を見つけることが利益に繋がります。

 

情報拡散させずに、買主を数日中に見つけることにおいて、ポスティングはいまだに

 

重宝される手法ですので、弊社においては、こんな時代でもポスティングを行ってい

 

ますし、物件を預かった不動産会社は行うべき作業だとおもっています。

 

ちなみに、不動産購入者は多くの場合近隣の方です。そのため同一学区内での

 

ポスティングに限っています。

arrow_upward