ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2019年06月09日
ブログ

静岡県内初の大規模災害団員が富士市で誕生

先月末、静岡県富士市消防団で「大規模災害団員」が誕生しました。

 

大規模災害団員とは大規模災害時に特化した機能別消防団員制度のひとつで、静岡県内

 

では富士市消防団が初の発足となります。

 

機能別消防団とは、地域消防団機能の補完をメインの目的とし、それぞれの事象におい

 

て地方消防団員と協力し、事態の解決に向け活動します。

 

 

地方消防団員の不足もあり、大規模災害時には各地域ごとに救助・救護にあたる人手

 

の不足が想定されます。

 

そういった部分を少しでも補うために発足された「大規模災害団員」のようです。

 

50代~60代の元消防団員や元市消防職員の出身者が多数を占め、十分な技術や知識

 

を習得しておられる方々ですので、現役消防団員からすると、非常に心強い存在になる

 

のではないかと思います。

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 大柄な見た目以上に声が高く萌えないギャップ / 髭が濃い / 仕事になると真面目 / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア101。まだまだ遠い道のり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward