ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2019年07月30日
ブログ

上棟の日は気持ちがウキウキ

昨日は静岡市清水区のとある現場に1日で3回、足を運びました。

目的は上棟風景の写真撮影です◎

3月に弊社を通じてお土地のご契約をいただいた方の住宅が、昨日無事に上棟を迎えたのです。

☆おめでとうございます☆

土地の状態では、図面やPC上でしか確認できていなかった完成イメージが、上棟を終えると一気に雰囲気が変わって、完成形が鮮明に想像出来るようになってきます。

施主さんは近隣に住まわれており、通勤時やお休みの時にはご見学いただけているようなので、施主さんの反応が楽しみです!!

ちなみに今回は木造在来工法ですので、大工さんがトントン組み上げております。これがツーバイフォー住宅などの場合は、大型クレーンで工場生産の壁を組み合わせていく方法になり、一気に完成したかと思うほどに工事が進みます。

上棟は景色が一変し、躯体をみれる貴重なタイミング

個人的に上棟ってすごい好きなんですよね~

毎日コツコツと職人さんの仕事で造られていく家の中で、上棟だけは目に見えて風景が変わるんですよね。

一気に念願のマイホームが現実のものになる!みたいな!!

建物の躯体や構造も丸わかりで、こうやって造っているんだ~とかも勉強になったりしますし、躯体だけの状態でどこがキッチンでどこが階段で・・・・とか想像するのも楽しいんですよ!!

そして、丸裸の躯体をみることも、今後この時だけですからね!!

解体時はもちろん、リフォームや修繕の時も躯体の全貌をみられることはないです。

そんな貴重な躯体の丸裸姿なんですよ~

「赤ちゃんの時しか抱っこ出来ないんだから、抱っこしておけ!」みたいなことですよ!! ・・・あれ・・めちゃくちゃ分かりづらいですね。笑

つまりまあ、上棟は重要だし躯体が見られるのはさらに重要だということです。

なんだか、施主さんより僕の方が楽しんでます。笑

上棟前後の違いはぜひお楽しみあれ!

最近は上棟式を行わない住宅会社が増えています。

土日休みの施主さんで日程の調整が難しかったり、工期の問題の面から開催が難しい事情もあるようです。

上棟式推進派というわけでは一切ありませんが、上棟好き派として、上棟の前の日の風景と、上棟の次の日の風景および躯体は見てみて頂きたいですね◎

今回のお土地はお仕事の施主さんに変わって写真だけ、撮影させていただきました。

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 大柄な見た目以上に声が高く萌えないギャップ / 髭が濃い / 仕事になると真面目 / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア101。まだまだ遠い道のり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward