ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2019年08月29日
ブログ

破天荒フェニックス オンデーズ再生物語 田中修治著

久しぶりの図書投稿となってしまいました。

今回読ませていただいた本は「破天荒フェニックス オンデーズ再生物語 田中 修治 著」です。これ抜群に面白かったです。490ページあるのに読書初心者の僕が一気読みでしたから!

14億の負債を抱えて、間違いなく倒産すると言われていたオンデーズが、資金ショートや黒字倒産の危機を何度もクリアすると同時に、さらにリスクをとって挑戦していく姿に夢中になっていました。外部から見ているだけの世間には、分かり得ないであろう苦悩と決断には何度も心揺さぶられました。資金難なのに新店舗オープン、雑貨チェーン買収、シンガポール進出ですからね。東日本大震災の消費冷え込みや計画停電も乗り切っています。正直、破天荒って言葉が正しいのかどうかさえ分かりません。笑

一応フィクションということですが、著者の田中さんが書き続けてきたブログがもとになっているので、かなり実際の内容に近いものだろうと思います。

半沢直樹が好きな人は好きだと思います。笑

 

メガネも不動産も消費者を相手にするなら共通すること

いつも気になったところはチェックしながら読んでますが、今回は490ページもあったのにチェックは2つだけ!それだけ夢中になっていたんでしょうかね。

◎改革のテーマ「目立ったもん勝ち」

消費者を相手にする方は間違いなくこれです!!その商品を思い出したときに自分の会社の名前が一番に挙がらなければその先はありません。不動産でも同じでいくら知識があっても、接客が上手くてもお客様がいなければ何の意味もありません。まずは知ってもらうこと。まさに「目立ったもん勝ち」です。

◎結果が求心力

これも、なるほど確かにです。結果を出す人だから必要とされて求められる。結果が出ていることだから自分にもできる、やってみよう。となるわけです。実際に田中さんも結果を出したから、こうして注目されてるわけです。

そして、強く印象残っているのが様々な人との出会いです。良い人も悪い人も本当に人との出会いは大切だなと感じます。自分と一緒の熱量で力を注いでくれる人や手放しで信頼をしてくれる人、何のためらいもなく自分の人生を任せられる人など、正直なかなか出会えないような人との出会いが多くあります。羨ましくも感じてしまいますが、田中さん自身がそれだけの人を吸い寄せるこ事をしているということです。僕も頑張らないとです◎

ちなみに僕は田中さんのことはもちろん、オンデーズ(正確にはOWNDAYS)というお店を知りませんでした。メガネをかけないし、OWNDAYSは静岡市にないんだもん。しょうがありません。それでも夢中になって読んでいました!ビジネス書としてでなく、小説が好きな方もハマるかと思いますよ~

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward