ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2019年09月06日
ブログ

土地は自分達だけで判断するのは危険です。

中古住宅や新築住宅など、建物がある物件の場合は勝手に見ることができませんので、不動産会社や売主様が立会いのもと物件の見学を行います。

では、土地の場合はどうでしょう。

最近ではネットで現地案内図や現地写真をみることが出来るので、不動産会社の案内等なく現地を見学することが可能です。自分達の都合のつくタイミングで、現地の雰囲気や周辺環境などを確認できることは非常にメリットが多くあります。

一方で、自分達だけで現地を見学することは、法令や取引面などのアドバイスがないことがデメリットとなります。建ぺい率・容積率の話や斜線制限の話、乗り入れ口の有無や敷地内に電柱がある場合の対応など、自分達だけで土地を見ても分からない事はたくさんあります。

不動産会社、建築会社で現地を確認

個人的には、一度自分達だけで見に行って、前向きな場合は不動産会社と一緒に見に行くのが最善だと思います。

避けた方が良いのは自分達だけで見に行って契約すること。法令や法律関係、越境など契約時に説明はしてもらえますが、実際に現地で話をして理解するのと、机上で理解するのでは大違いです。

噛み砕いて説明をいたしますが、それでも現地で目視しながら行う説明とは

ちなみに、不動産屋だけでなく建築会社さんにも現地は見てもらうようにしてください。その理由は、土地の形状や周辺環境で、建築費用が変わるからです。

高低差がある場合は、ブロック積をしないといけませんし、道路より低い土地だと雨水の問題がでてきます。周辺道路の状況によって工事中の交通誘導員の人数も変わってきます。

この辺は、不動産屋ではざっくりとしか分かりません。

気になる土地があった時は、「不動産会社」「建築会社」の両方にしっかり現地をみていただき、自分達の理想の住まいをより具体的にイメージできると良いですね◎

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward