ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2019年09月07日
ブログ

営業さんに最も重要なのは商品知識

不動産や住宅以外でもそうだと思いますが、商品を売る時に最も重要なのは間違いなく商品説明(商品知識)です。

その商品はどんなもので、どんな使い方をして、どのように優れていて、どこに改善点があるか、など商品についてキチッとした知識がないとお客さまへの説得力に中身が伴いません。

加えて、不動産で言えば、今後どのような流れで売却・購入していくのか。どんな書類がどのタイミングで必要になるのかなど、契約知識も必要になります。

そういった知識は自信となり、雰囲気や態度にあらわれます。だから、どの業界でもベテランさんは余裕があって落ち着いていると言われるのかもしれませんね。

不動産では物件ごとに変わる商品知識

不動産の場合に厄介なのは、物件ごとに知識が異なっていくことです。住宅メーカーであれば、自社商品とライバル社商品を把握していれば大丈夫ですが、不動産売却のお手伝いをする場合はそうもいきません。

静岡市清水区草薙という住所のなかでも、都市計画は分かれていますし、新築住宅によって使用している設備や工法が違います。中古物件に関しては、使い方が不明で売主様から使い方などをご教授いただくことも多々あります。

そこまでして理解していないとご案内の時に困ってしまいます。大きな買い物をするお客様は少なからず不安を抱えています。それらを少しでも和らげようと、いろいろと質問をしてくださいます。それらに応えられず、商品説明もままならない者に、そんな不安を和らげられるはずもありません。

もし、自分達の担当者さんが不安だな~と思ったら、商品の事や今後のことについてじっくり話を伺ってみてください。口下手なだけで、案外頼れる担当者さんもたくさんいらっしゃいます!!

ちなみに僕はよく喋ります。商品知識を仕入れたら、聞かれなくても喋りたくなっちゃうんですよね~。笑 もっと余裕のある落ち着いた雰囲気をまとってみたいものです。笑

arrow_upward