ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2019年09月24日
ブログ

不動産購入の希望条件を伝えるって難しいですよね

僕が人生ではじめて不動産売買の契約をさせていただいたのは、2013年8月下旬、新卒で不動産会社に入社して5ヶ月目でした。

M様というお客さまで、20代後半、当時はご夫婦2人(お子様はのちに誕生。)で住む家をお探しでした。

M様のおかげで、不動産購入において「お客さまも自分達の希望等をはっきりは分かっていない」ということを、経験し学ぶことが出来ました。

新卒当時の私には驚きでしたが、不動産購入を検討しに来られるお客様でも、自分達の希望や条件について、はっきりとは分かっていない事が多くあり、当初の希望とは異なる条件でもご成約に至ることは多々あります。

私の場合は人生初契約のM様が、まさに自分達の条件が明確に分かっておらず、見ていく中で一緒に考えていった感じです。素人だった私はそんなことは知らずに、言われた条件で物件を探しまくっていく中で、徐々に自分達の事だけど分かってないんじゃないか、と理解できるようになっていきました。

多くのお客さまが最初は不動産について無知なので、探していく中で・勉強していく中で、理解し自分たちの希望が徐々に明確になっていきます。

最初は見落としていた物件が条件の良い物件だった

当時わたしが勤めていた店舗が名古屋市緑区、M様のお住まいは名古屋市南区でしたが、緑区にて新築をご希望でした。しかし、M様の予算では緑区での新築建売住宅は難しく、エリアを南区へ変更するご相談を行いましたがNG。その後、緑区内で低価格住宅と土地での検討を提案しますが、これも結果的に予算にあって感じの良い土地がなくNGでした。

最終的にM様にご購入いただいた物件は、緑区の新築建売住宅。一般の建売住宅よりも建物が小さく、間取りも2LDKでした。それでも、設備は他の建売よりも充実しており、M様には大変気に入っていただき、満面の笑顔と感謝の言葉をいただいたことは今でもハッキリと思い出せます。

最終的に何とか良い物件に巡り合えたように感じますが、実はこの物件、一番最初のお打合せの時にご紹介をしておりました。

ただ広さの問題やお子様の予定などから、検討候補には入らずにはじかれていました。

現地をまわったり、予算の再検討をしたりする中で、住環境の印象やご実家の関係から緑区内であることが最優先であり、新築・中古問わず、まずは緑区であること。特にガチャガチャしていない、落ち着いた住環境のエリアである事が必須の条件になってきました。

そこにたどり着くまでに、物件を紹介しまくっていますので、新たに紹介できる物件がない状態でしたので、再度M様と一緒に明確になってきた条件を確認して、2LDKの物件を再度ご紹介させていただくと、M様も図面上だけで良い物件だと判断し、すぐに内見の手配を取り、その日のうちに申込の手続きへ進みました。

最初にご紹介したときには、すぐに検討外となった物件が、最終的にご縁のある物件となったのです。これは単純に最初にご紹介をしたときには自分たちの条件に気付いていなかっただけで、最終的に明確になった条件に合致した物件がそれであったというだけです。

条件が変わったのではなく、条件に気付いたという感じです。

感じ方が違うのだから、希望条件も違ってくる

このような形で、当初は検討していなかった物件(間取り違い、エリア違いなど)を最終的にご購入いただくお客様は多くいらっしゃいます。

不動産購入の場合は、初めての経験で分からない事だらけですので、どうしても明確に条件を挙げるのが難しいのが一般的です。

どんな物件があって、それらの物件から自分たちはどんな印象を受けるだろう。というのは、購入物件を検討する上で非常に大事なことです。人によって条件は全く異なりますし、物件を見た時に抱く印象も全く違います。

個人的に庭があって喜ぶ人ばかりかと思っていたら、手入れがめんどくさいから不要だという方がいたり。浴室乾燥は便利だと思っていても、お風呂に干す感覚が理解できず使用しないという方がいたり。5.5帖の子供部屋を狭いという方がいれば、広いという方もいます。

どんな家に住んで、どんな生活をしたいのか。なかなか想像できなくて、ありきたりな条件しか思いつかない方は、その物件を見て感じたことを不動産会社にぜひ教えてください。あなたも気付いていない希望条件を見つけるヒントになるかもしれません。

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward