ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2019年10月11日
ブログ

台風襲来!ここで再度ドローンによる建物調査をおススメ

この3連休は台風から目が離せないお休みとなりそうですね~。

ラグビーW杯の「日本 対 スコットランド戦」を楽しみにしている僕としては、台風の影響での試合中止は避けて欲しいところですが!はいっミーハーです!笑 

大泉洋さん主演の日曜劇場ノーサイドゲームからラグビーにしっかりハマってます。

残念ながら12日(土)の試合は昨日すでに中止が決定してしまいましたが、安全にはかえられませんので致し方なし。なんとか13日(日)の夜には開催できるほど過ぎ去っていると良いですが。。。

先日、千葉県で猛威をふるった台風にも負けないほどの勢力ということで、かなり心配ですね。まだまだ台風被害からの回復中の千葉県にさらなる被害がないように祈ることしかできませんが、何とか無事に過ぎ去っていただきたいものです。

台風がくると必然的に忙しくなるのが、瓦や外壁、大工さんなど修理・修繕の関係の方々、さらには保険業界も忙しくなるようです。

なぜ保険業界がバタバタするのか。それは台風の被害による建物修繕や修理等には火災保険が適用となるからです。

もし台風で、瓦が飛んでいってしまった。雨漏りがしてきた。外壁が外れてしまった。飛来物によって傷ついてしまった。などの被害がありましたら、必ず写真を撮影の上で保険会社さんへ連絡しましょう。

くわえて、屋根や樋などの目視によって確認できない場所が必ずでてきます。そんな場合はドローンによる建物調査がおすすめです◎

ワンストップで修繕工事をおこなってくれる

屋根などの目視では確認できないところをドローンを使って調査・撮影し、保険の請求・修繕工事まで一括で行ってくれるサービスです。サービスの提供は「Japan47」という一般社団法人さん。

屋根の状況は確認しずらいですが、非常に重要です。もし万が一、傷ついて雨漏りの原因となっていたら、その事実に気づくまでは雨水は進入し続け、木部の腐食に繋がります。

そういったことをワンストップサービスで丸投げでお願いできますので、手間は非常に少なくて済みます。

ちなみに静岡では、「静岡ガスリビング」さんもドローンを使った建物調査を行っていますので、そちらも依頼にお応えできるかもしれません。

ただし、先日「静岡ガスリビング」の方とお話したところ、ドローン調査による被害箇所の確認・修繕工事は行えますが、火災保険料の請求は請け負っていないようですので、そこだけは自分で行う必要があります。

いずれにしても、大きな勢力をもったまま3連休に影響を与えるであろう台風19号。しっかりと安全確保をして、台風通過後は安全確認ののち、建物への被害状況を確認して、万が一被害があれば些細な事でも写真におさめるようにしましょう。

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward