ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2019年10月13日
ブログ

台風19号が各地で被害をもたらしました

昨日の台風19号の被害等は大丈夫だったでしょうか。

昨日は朝のニュースから静岡市駿河区西島の浸水が動画付きで報じられており、その猛威と被害への影響を1日中感じていたように思います。

清水区でも渋川や巴川流域で浸水があったようで、被害にあわれた方々は非常につらく大変かと思います。

私も消防団員として、お昼ごろから庁舎に待機をして、管轄地域内の安全確認や避難喚起を行っておりました。とりわけ、私のいる静岡市清水消防団13分団の草薙エリアでは草薙川の状況と、草薙団地・つつじが丘団地・えびす団地等の土砂災害への心配が大きく、その辺を注視しておりましたが、幸い、昨晩時点では大きな被害も確認せず活動を終えることが出来ました。

避難が現実的でないという悲劇

おそらく昨日の14時か15時くらいだったと思いますが、土砂災害警戒区域に避難勧告が発令されました。避難勧告は拘束力もなく、必要に応じて早期の非難を促すものです。

当然ながら私たちも消防車から早期の非難を促した訳です。ですが、そこで何とも理解しがたい状況になりました。

まず、避難場所が有度公民館(有度第一小学校付近)であったこと。私たちの管轄エリア内の土砂災害警戒区域からは、歩いたら30分はかかります。特別、駐車場の用意があるわけでもありませんので、避難の場合は徒歩です。台風が近づいてきて雨風が強くなってきたから、避難勧告が発令されたのに、そんな遠い避難所に誰が行くんだって話ですよね。

そして驚くことに、有度公民館は避難者が多すぎて、まだお昼過ぎのその時点で、キャパを超えそうだったのです。最終的に向かいの有度第一小学校を避難所として開放しましたが、苦肉の策だったようです。

さすがに30分の避難を促すにも現実的ではないですし、行ったところで入れないなんてなるとは、目測が甘すぎたのではないかと思います。

千葉県では地震も。まさかは有り得る。対策を。

とは言いながら、私自身も少し今回の台風19号に対しゆったり構えていた部分もあります。当日朝の駿河区西島の映像を見るまでは、どこかで大丈夫だろうがずいぶん先行していました。

勝手な想像ですが、そういった方は多かったのではないでしょうか。結局、大丈夫だろうと。

ただ、草薙川の流れや水量の変化、ものすごい風の音を実際に体験して、「まさか自分に」は本当にあり得ることなのだなと感じさせられました。

台風15号の影響が残る千葉県では、今回の台風19号だけでなく、震度4の地震にもさらされてしまいましたし。まさかこのタイミングで!!って感じでしたが、自然は本当に猛威ですね。

注意のしすぎ、対策のしすぎなんてものはありません。

万が一に備えての準備・行動は必ず必要なのだと認識させられました。

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward