ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2019年10月22日
ブログ

中古住宅+リフォームは上手な住まいの買い方

契約をさせていただいた中古住宅の室内清掃が完了したので、ご購入者様と現地で最終確認を行ってきました。やっぱりプロの仕事はケタ違いに上等ですね。想像していなかったほどに綺麗になっていて、ご購入者様も喜んでおられました。

お引渡し後は、リフォームをしてから入居となるようです。

現地確認時にリフォーム箇所などを色々お話していましたが、思ったことがあります。

やっぱり中古住宅+リフォームが良い!!笑

売買価格に対する価値を考えると中古住宅か新築建売

もし僕が家を購入するなら、中古住宅が新築建売住宅を購入します。意外かもしれませんが、価値を考えるとどちらかが賢い選択なのだろうと思います。

僕の愛知県時代の先輩は建売を、大手のスーパー営業マンは中古住宅を購入していました。

中古住宅は土地価格・建物残存価格の合計額が売値として設定されますので、その物件の持つ価値を、そのままの値段で買えるというメリットがあります。新築の場合はそうしても「新築」プレミアがついてしまいますから。

新築建売は規格住宅であるというデメリットがありますが、性能に対して安価でありますので、エリアや土地を選べば良い買い物になると思っています。

特に中古住宅はリフォームを行えば、新品になります。

経験しないと分からないと思いますが、リフォームをするだけで住宅は大変貌を遂げます。全く違う物件であるかのように。笑

個別リフォームが最善だが、事前リフォームでないと売れない

不動産会社からするとちょっとしたジレンマがあります。

それは、「購入者様への最善の提供」と「物件が売れる」がリンクしないのです。

購入者様が、自分で好きな箇所を好きなようにリフォームをするのが最善の方法であることは間違いありません。しかしながら、販売を行う前にリフォームを行っていないとなかなか「売れない」のです。

理由は、見た目やイメージの問題です。

どうしても使用感があると、少しマイナスな印象を抱いてしまいます。事前リフォームを行えばそのような印象はなくなりますので、販売がしやすくなります。ただし、「売れる」物件にはなるのですが、事前リフォームをした分だけ金額が上がってしまいます。

だったら、金額は下げて自分達の好きなようにリフォームをして欲しいのです。

でも、イメージが湧きづらくなかなか「売れない」となってしまいます。

この無限ループ。笑 結局は売れないと赤字になってしまうので、無難なリフォームを施して販売するという何とも味気ない結果になってしまいます。

中古住宅+リフォームがもっと増えてくる

最近では、リノベーションなどの流行もあり、リフォーム・リノベーションのビフォーアフター写真などを確認できたりします。

リフォームやリノベーションを行うと建物は見違えるように綺麗に新しくなり、雰囲気まで変わってきます。

立地の良い場所に中古住宅を購入して、リフォームをする!

今後の不動産購入の主流になってくるかもしれません。要チェックです◎

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward