ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2019年11月11日
ブログ

ガン団信や三大疾病団信には加入しなくて良いと思うわけ

住宅ローンを借りるためには、どこの銀行でも団体信用生命保険(略して団信)への加入が必須条件になっています。フラット35は、団信の未加入も選択できますので例外です。

団信に加入することで、債務者(住宅ローンを借りた人)が亡くなってしまった場合は、残りの住宅ローンは一切返済の必要がなくなります。お子様や残されたご家族様にとっては、万が一に備えた非常に安心できる制度で、団信の存在を知って住宅購入を検討し始める方もいます。住んでいる限りずっと支払いが生じる家賃と比較すると、ご家族に与える安心感が違います。シングルマザー(シングルファーザー)の方からも喜びの声が聞こえる制度です。

そんな団信ですが、標準は死亡時もしくは、失明や両腕切断など一切働くことができない場合にのみ適用される制度です。しかし、実はこの適用範囲を広げることが出来ます。

ガン団信や三大疾病団信と呼ばれるものです。ガン団信ではガンと診断された場合に、三大疾病団信ではガン・心疾患・脳血管疾病と診断された場合にも、住宅ローンの返済が免除されます。このような保証の幅を広げるものは他にも、七大疾病団信や就業不能団信など、各銀行様々なプランを用意しています。

このような団信の幅を広げるプランについてですが、僕は「一切入らなくて良い。標準の団信だけの加入で良い。」と考えています。その理由をお伝えします。

保証幅の拡大に伴い費用が発生

まず、保証の幅を広げるのですから費用がかかります。団信の場合は、金利を上乗せすることで加入できます。ガン団信では0.1%、三大疾病団信では0.3%の金利上乗せなどです。

数字だけ見ると、たかだか0.1や0.3ですが、35年という期間の金利なので、0.1%の金利上乗せで、4000万円借り入れた場合には、総額およそ70万円の支払い額アップです。大きな金額になりますよね。それでも、万が一に備えるということを考えると年間2万円のリスク回避は大きすぎる金額だという感じもしないかもしれません。

実は、僕が不要だと考える理由もこの金額面ではありません。

保証幅拡大の団信をすすめないわけ

僕が団信の幅を広げる必要はないと考える理由は2つあります。

①年齢を重ねるにつれリスクは上がるが恩恵が減る。

もし4000万円借入をした翌月にガンになったら、約4000万円まるまる返済してもらえます。しかし、住宅ローンを組んで家を購入する方の年齢を考慮すると、近いうちよりも何十年後にガンになる可能性の方が遥かに高いです。ガンになる人は2人に1人だと言われていますが、ガンになる年齢を見てみると、60歳前後で急増します(国立がん研究センター2014年全部位ガンの調査)。その場合に返済してもらえる金額は、2000万円や1000万円ほどに減っていることが想定されますし、場合によっては繰上げ返済等で完済してしまっているかもしれません

②完済後は何も残らない。

35年後やもっと早い時期かもしれませんが、住宅ローンを完済したら標準の団信だろうが、ガン団信に加入していようが、何にも残りません。つまり、ガン団信に入れば、ガンに備えられる。というのは間違いで、借入期間中にガンになることに対して備えられるだけです。

然るべきタイミングで生命保険を検討する方法

これらの理由からガン団信などの保証の幅を広げるプランはおすすめしていません。もし、備えたいのであれば、ある程度の年齢になってから生命保険でカバーすれば良いと思います。その生命保険の保険金で住宅ローンを完済するのも良いですし、自宅を売却して手持ち資金に余裕を持たせるという方法もあります。

返済状況に応じて、保険金を設定する段階から将来を見据えることもできます。30歳で将来を見据えてガン団信に加入するなら、50歳で将来を見据えて生命保険を考え直す方が賢い選択だと思います。とはいえ、30歳代で大病にかかってしまう方もいますので、一概に正解とは言えません。

ガン団信などに加入することで、安心感が増大しマイホームでの生活がもっとワクワクになるかもしれません。

ただ、最終的にはお客様ごとの判断になりますので、その判断がそのお客様にとって正解ですので、不動産会社や銀行の意見は参考程度にして、最終的には自分達がどうしたいを最優先にするべきですよ~◎

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward