ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2020年01月23日
ブログ

ひとつの事柄の裏にはたくさんの手間や時間がかかっている

ホテルの無断キャンセルを繰り返し行い、不正にTポイントを取得していた親子が逮捕されたというニュースを目にしました。

ホテルをネットで予約して当日行かない。という単純ですが相当ひどい行為です。

Tポイントはネット予約時に付与されて、無断キャンセルの場合はホテルから予約サイトに連絡をして、付与したポイントを回収という流れらしいのですが、ホテル側が予約サイトに連絡をしなかった場合は無断キャンセルが判明せず、ポイントはそのままという手口だったようです。

そんな方法よく気が付いたな~と驚きでしたが、それ以上に驚きだったのは、これをしていたのが51歳と30歳の親子だということです。

自営業と会社員ということですが、この行為がどれだけの数の人に、どれだけの迷惑を掛けているのか理解できないのかという思いを抱きました。

実際に仕事をしていて、ひとつの事柄の裏にどれだけの手間や時間が掛けられているかを目の当たりにしている社会人がするような事ではないと思います。

手間や時間、労力や金銭などは目に見えない

ひとつのモノを作るのに、ひとつの契約をするのに、ひとつのご飯を提供するのに、ひとりの方を泊めるのには、目には見えないたくさんの方の時間と労力がかかっています。

だからこそ、価値が発生しお金を得ることができます。

弊社の扱う、不動産も例外ではなく、「購入したい」というお客様の書面で、契約に向けての準備に入ります。売主様への日程等の調整、売主側の不動産会社への日程調整、銀行への事前審査複数、物件についての再調査、契約書の作成、印紙の準備など様々な手配が必要です。関わる人も不動産会社だけではありません。

さらには、物件の紹介も停止しますので、他の希望者には紹介活動が停止されます。

だからこそ、多くの不動産会社が、購入申込書は断固たる意志で書いてください。と口を酸っぱくするほど言います。

切実なお願い

最近では、居酒屋の大人数予約も当日無断欠席なども、情報番組でよく目にしますね。

学生がしてしまう印象が多く、最近では無断キャンセルに特化した保険のような会社や弁護士がキャンセル料を徴収するサービスの登場で、徐々に対策が進んでいるようです。

不動産の契約直前キャンセルももちろんやめていただきたいですが、それでも不動産の場合は時間や手間を考えなければ実際の損失は0です。でも、飲食の場合は食材を仕込んで投資していますから、本当に無断キャンセルはなくなって欲しい!

経営者の立場になって、本当に切実な気持ちが分かります。飲食店を経営している友人もいますし、このキャンセルというのは本当にやめてあげて欲しい!

対策をすすめることも必要ですが、一人一人の倫理マナーですから、対策なしでも無くなると良いんですけどね。

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward