ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2020年01月30日
ブログ

静岡の冬~春はイチゴを満喫しよう!

早いもので新年も1カ月が過ぎ、明日から2月に突入いたします。

静岡市で2月と言えば!!みなさん分かりますか!?笑

そうです、、、、、石垣イチゴの時期に突入します!!

実は静岡県はイチゴの生産量が全国4位で、1万トン以上の生産量を誇ります。

静岡市内を走る国道150号線の久能海岸沿いは【いちごライン】と呼ばれ、30軒以上のイチゴ農園が並び、2月~4月の期間にはイチゴ狩りを楽しむお客様で大賑わいとなります。

ちなみに【いちごライン】にはイチゴと国道150号線※1(いち)5(ご)※がかかっています!笑

石垣イチゴの産地【いちごライン】

この【いちごライン】で育てられるイチゴは、別名「石垣イチゴ」と呼ばれます。

名前の通り、石垣の間に埋められた苗が育ち、組まれている石垣の間からイチゴが顔を出してきます。輻射熱で暖められた石によって、非常に発育が良くなり、甘く熟したイチゴがなるそうです。

実際に【いちごライン】を通ると分かりますが、とっっっても陽当たりが良い斜面に数えきれないほどのビニールハウスが並んでいます。

道路を挟んで片手には駿河湾の海、もう一方には石垣イチゴを育てるビニールハウスがびっしり並んできる光景は、なかなか他では見ることが出来ないと思います。

イチゴといえば「なかじま園 農園カフェ」も◎

足の骨折のため、まだまだ上手く歩けませんのでイチゴ狩りは諦めて、イチゴアイスやイチゴケーキを楽しむこととしました。笑

向かった先は、「なかじま園 農園カフェ」。静岡ではめちゃくちゃ有名なイチゴをメインに取り扱うお店です!地方都市 静岡にありながら、週末には待つのが当たり前というお店です。年間を通してイチゴを楽しめるだけでなく、夏限定で登場するメロンパフェは人気殺到、イチゴよりも混雑するかもしれません。

※なかじま園 農園カフェ※

カフェのすぐ裏のビニールハウスでつくっているイチゴは、朝採れ新鮮で、案の定甘くて大きいイチゴを頂くことに成功しました◎

たらふく美味しいイチゴが食べたい方は、【いちごライン】へ!

イチゴを使ったパフェやスムージーを楽しみたい方は「なかじま園」へ!

ぜひ静岡のイチゴを楽しんでください!

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward