ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2020年02月15日
ブログ

土地を買って家を建てよう!まず何をする?

あなたは土地を購入して、家を建てようと思っています。

さて、まずは不動産屋に行きますか?
それとも住宅展示場へ行きますか?

これはどちらも正解です◎
注文住宅の場合は、土地探しと建築会社探しは同時進行でないと上手くいきません。

事前審査には建物プラン等が必要

土地がなければ、住宅会社はプランを書けませんし建物金額を出せません。
一方で、住宅会社が決まっていなければ、不動産会社は土地に充てられる予算や必要な敷地面積が分からず、土地紹介が出来ません。

土地紹介をする不動産会社からすると、可能であれば「この土地が欲しい!」となった時に、住宅会社を決めてあるのが望ましいです。

最低でも2~3社に絞り込んでいないと、土地購入が難しいと思います。
その理由は、銀行の融資審査に関係します。

土地を契約するには銀行の事前審査を通過している必要があります。この事前審査を行うには建物の金額やプランも必要なのです。
そのときにまだ全く建物の住宅会社選定が進んでいないとなると、土地の契約は出来ずに他の方に購入されてしまいます。
良い土地であれば特に。

住宅会社に土地探しを任せる事も可能

両方を上手くすすめる方法として、住宅会社を先に決め、住宅会社に土地紹介をしてもらう。という方法があります。

住宅会社の担当者も土地を見るので安心ですし、土地建物の総額費用を計算してくれます。

ただしこの方法は、住宅会社を完全に決めた!!という時だけにした方が良いです。

その理由は、A社が持ってきた土地情報が気に入った場合はA社で建築、B社が持ってきた土地情報が気に入った場合はB社で建築、ということになってしまうからです。

住宅会社を選ぶのに、土地情報のスピード感に比重をおくのはナンセンスです。

住宅会社を迷っているよ~という段階では、土地探しは不動産屋にお願いしておいた方が無難です。

まず第一は資金計画

一番最初に行くのは、住宅会社でも不動産会社でも構いません。

ただし、ひとつだけ重要な事があります。

それは、必ず資金計画をやってもらうこと。

自分たちの予算はいくらなのか。ネットで得た情報だけで考えずに、しっかりとプロに相談して資金計画をたててから、具体的に住宅会社や土地を探していきましょう。

その予算のうち、いくらを土地いくらを建物に充てるかは自由です。
立地に比重をおくのか、建物に比重をおくのかは各ご家庭によって異なります。

「どうしても積水ハウスで建てたいから、少し不便なところでも構わない」
「電車通勤なので駅近が最優先。建物は地元工務店で構わない」
「僕らの予算なら、このエリアこのメーカーで建てられそうだ」
「海抜が高く地盤の強そうな土地が最優先。うちの予算ならメーカーは土地金額に応じて変えられそうだ」

様々な考えが出てくると思います。全て正解です。
もっとも変えることが難しいのはやはり予算!ここは第一に抑えるようにしましょう。

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward