ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2020年02月22日
ブログ

注文住宅の施主さんから聞いた生の声!住んでみたらこんなことに気が付いた!

今日は弊社で土地を仲介させていただき、注文住宅を建築したお客様のお家にお邪魔してきました~!

昨年の11月頃のお引越しの際にもお邪魔させていただいたのですが、荷物が片付いたらまたお邪魔させていただきく約束が、私の足の怪我により延期となっていました。

引越しから3ヵ月、荷物は全て片付き快適な生活を送られていました◎

最新の住宅ですので当然賃貸よりも性能も良ければ、広さも格段に余裕があります。
その上で自分たちの生活にあったように設計しているので、大変充実した生活を送っておられるとのことでしたが、やっぱり生活してみて気が付く事もあるようです。

細々としたところですが買主様が気になっていた部分を紹介いたします。

これから住宅を建築される方は、ぜひ参考にしてみてください!

コンセントの位置はどう利用するかも考えておく

今後一度も使う可能性がないかもしれない位置にコンセントを設置してしまった。
注文住宅ではコンセントの場所や高さも選ぶことが可能です。

会社ごと異なりますが、多くの会社では標準装備で各部屋の用途に応じた十分な数だけ設置できます。
家具をどう配置して、どう部屋を利用するのかでコンセントの設置位置を考えていくことになるのですが、あまり設置位置にこだわりがない場合は住宅会社のアドバイスに従って設置することが多いようです。

住宅会社のアドバイスを参考にコンセント位置を設置したようですが、リビング入口のコンセントはどうにも使いようがないとのこと。笑

たしかに周辺には家具もなければ、充電するにも不便な位置でした。

場所的にコンセント位置のバランスを取って設置したのか~という感じでした。
一昔前まではコード付き掃除機が一般的だったので、その場合は欠かせないような位置でしたので。でも、お客様はコードレス掃除機を利用していたため、その必要は無し。
せっかくなら、延長コードを必要とせずに全ての家具家電、充電が可能な配置を考えておけば良かったとのことです。

図面上には自分の影は見えません

埋込照明についても触れられていました。

場所は階段下。
間取は階段を下ってから、1.5mほどの廊下の先にリビングがあります。リビングを仕切るドアはありません。

リビングの明かりも、階段灯もあるので廊下には明かりを設置しませんでした。

しかし・・・・

2階へ上がる時は問題ありませんが、朝のうす暗い中で階段を降りる時に問題が。
それは足元が見えないこと!階段灯は階段中央の踊り場に付いていますので、自分の影で見えなくなってしまうとのことでした。

廊下にも埋込照明を設置してなかったので、いまがセンサーライトを購入して、明るさを確保しているとのことでした。

図面上では気が付かなかった自分の影が、実際に生活すると如実に感じる不便な部分となってしまった一例です。

あとから埋込照明を付けるには、大きな費用がかかってしまいます。
多少の費用増になっても、建築時に付けておけばさらに快適な住まいだったかもしれません。

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward