ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2020年03月19日
ブログ

あなたの家へのこだわりは物件の価値。マイホームへの想いの丈を語ってください。

住宅を面積や間取、築年数だけで一概に評価をするのはとても困難です。

あれこれ悩んでこだわりを詰め込んだ注文住宅や、愛情をもって大切に住んできた住まいは、新たな買主さんにも長く住み続けていただきたいものですよね。

だからこそ、そのこだわりを分かってもらえる買主さんを探すのが不動産会社に託された仕事だと思います。

一方で、不動産の金額査定の一般的な方法では、こだわりは評価対象になりません。
個性が強いと購入者を選んでしまいますから・・・・

というのが従来の考え方です。

しかしながら、現在では90%以上の方が不動産購入でインターネットを経由しています。インターネットでは、いくらでも住宅のこだわりを伝える事ができます。

不動産の評価方法は昔からほぼ変わっていません。
これだけ世の中が変わっているのに!

建物評価の計算は機械的

建物の評価は、建築時価格からの減価償却で行います。

つまり、その後のメンテナンスや手入れは数字上には一切表れません。

こだわったデザインも、使いやすい間取りも、かっこいい外観も、建設当時の金額に反映されているだろう。という考えで、すべて統一しての計算です。

なんだか悔しいですよね~
あれだけこだわって考えて、大切に住んできた家が、機械的に計算されてしまうだけなんて。
でも、これが現在の不動産売却時の建物評価の一般的な考え方です。

マイホームのこだわりを教えてください

だからこそ、教えてください。
マイホームのどこにこだわって、どこが好きで、どうやって過ごしてきたのか。

つくり住んできたあなたにしか出来ない話があります。

私たち不動産会社がしっかりと次の購入者に繋げますので。

不動産、特に住宅には思い出が詰まっています。
相続した実家を売却する時、施設に入ってしまった親の住まいを売却する時、転勤で住まいを手放さざるを得なくなってしまった時、なんとも言えない虚しい売主様の顔を何度もみてきました。

あなたのマイホームの話を存分に聞かせてください!


こだわりを分かってくれる1人が見つかれば良い

不動産はひとつとして同じものはありません。

また、どんなに人気があって購入希望者がいようと、なかなか売れずに苦労したとしても購入者は1人だけです。

その1人と、どれだけ気持ちの良い受渡しが出来るかです。

だからご安心ください!
その1人にとっては、あなたのこだわりが最高の住まいとなります。

その1人の方に出会えるように、弊社が全力でこだわりを伝えます。

ライフアーキでは、画一的なコピペのような物件紹介は一切しません。
全ての物件で、ひとつひとつ考えて購入者様に伝わるような紹介をつくります。

売主様がこだわった住宅に負けないような、こだわった物件紹介ページを作成いたします。

さいごに

想いが詰まった住宅の評価は本当に難しいです。

わたしも不動産業界2年目のときに、売却希望者の想いを無視した機械的な査定書を自信満々にプレゼンして、蹴散らされました。笑
ちなみに、その売却希望者さんは相談前からの知り合い。にも関わらず、あっさり蹴散らされたのは、まったく売主様の住宅への想いを理解していなかったからです。

こだわりを伝える前に物件を見に来てもらわなければいけなかった以前とは異なり、現在ではインターネットさえ繋がれば物件へのこだわりや想いは購入者様に届きます。

それを使わない手はありませんし、どれだけ想いをのせた物件紹介をできるかが不動産会社にも求められてきている思います。

外観写真1枚で購入者様が見つかるような時代ではありません。

どのようにこだわりを伝えて、その気持ちを受け継いでくれる人を探すのか。
そのヒントは、売主様にあります。

どのようにこだわり、住まってきたのか。
存分に想いを話すことは、物件を高く・早く・気持ちよく売却できる一助になります。

未練たらしくて話したくない。なんて方もいらっしゃいますが、未練があっていいんです!自分の大切なマイホーム、大切なご実家なのですから。

マイホームへの想いの丈を語ってください。
想いを繋ぐ売却を実現させるように努力いたします。

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward