ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2020年04月15日
「家を買う」知識

住宅ローン保証料って誰に、何の目的で支払うの?

【住宅ローン保証料】って聞いたことありますか?

不動産会社が説明する費用に、当たり前のように組み込まれていたりします。
この【住宅ローン保証料】って一体なんの費用なんでしょうか。

たまに、『団体信用生命保険の加入費用』と混在している方がいらっしゃいますが、『団体信用生命保険の加入費用』と【住宅ローン保証料】は全く違います。

団体信用生命保険は、保険会社に支払う費用です。

住宅ローン保証料は、保証会社に支払う費用です。

静岡市の不動産会社ライフアーキが、それぞれの違いと、住宅ローン保証料の2つの種類についてご説明いたします。

住宅ローン保証料とは

住宅ローン保証料とは、
「住宅ローンの返済が出来なくなってしまったとき、代わりに銀行に返済してもらえるように、保証会社へ支払うお金」
です。

銀行が窓口となるので分かりづらいのですが、保証料は保証会社へ支払うお金です。
決して銀行へ支払うお金ではありません。


では、保証会社はあなたに何をしてくれるのでしょう。

実は、たいした事はしてくれません。笑

保証会社はあなたではなく、銀行に対してメリットのあることを提供しています。

保証会社は、あなたが住宅ローンの返済が出来なくなってしまった場合に銀行への支払いを肩代わりしてくれます。

たとえ住宅ローンの返済が滞ったとしても、代わりに支払いをしてくれる保証会社がいることは、たくさんのローンを扱う銀行にとって大きな安心感となります。]

銀行が安心感を得るための保険料を住宅ローン借主が支払っているイメージです。その代わりに銀行はあなたにお金を貸してくれます。

団体信用生命保険との比較を考えると、

◆住宅ローン保証料は、住宅ローン返済が出来なくなってしまったとき

◆団体信用生命保険は、死亡時もしくは高度障害時

それぞれの持ち場が、このように異なっています。

保証会社が肩代わりした分は請求される

もうひとつ、団体信用生命保険と大きな違いがあります。

団体信用生命保険は、万が一の死亡時などに住宅ローンがチャラになりますが、

滞納時に保証会社が行う肩代わりはチャラになりません。

保証会社が肩代わりをして銀行に返済した分のお金は、保証会社からしっかりと請求されます。

こんなイメージです。

「あなた」からすると、これまで銀行に返済していた住宅ローンの支払先が、銀行から保証会社にかわるだけです。

住宅ローンがチャラになることはありません。




保証料の支払いには2つの方法がある

保証料の支払い方法には①一括支払い・②金利上乗せ、の2種類あります。

それぞれの支払い方法を見てみましょう

一括支払い方式

一括支払い方式とは、借入額の2%~3%(銀行によって異なる)を住宅ローン借入時に保証会社へ一括で支払う方法です。

支払う金額は 借入金額×銀行の定めた利率 です!


静岡銀行 3000万円 30年で借入れをする場合

 ⇒  保証料 574,110円

となります。

この金額を、銀行から住宅ローンを借りる時に一括で支払うことになります。

この保証料も銀行の借入に含めることもできます。


一括支払い方式は、ごく稀に「外枠」と呼ばれることもあります。
銀行の専門用語として使用するらしいですが、不動産会社では使いません。

金利上乗せ方式

読んで字のごとく、住宅ローン金利を0.2%上乗せする方法です。

上乗せした金利の分だけ、月々の返済額もアップするので「分割方式」と呼ぶこともあります。
また銀行の専門用語では「内枠」ということもあります。


どちらの方法がお得なの

金額だけで考えると、一括支払い方式の方がお得です。

これは自己資金がある方、ない方、どちらにも言えます。


しかしながら、最近では金利上乗せ方式が徐々に人気を集めています。


その理由は、金額以外のところにあります。

これは、ご自身の年齢やお子さんの年齢などによっても、アドバイス内容が変わってくるので、個別でお伝えいたしますね。

繰上げ返済や完済までの計画、手元資金の重要性などの面からアドバイスをします。

当然ですが、40歳でお子様が高校生になるご家庭が3000万円借りるのと、28歳でお子様が生まれたばかりのご家庭が3000万円借りるのでは訳が違ってきますから。

ただし、自己資金がなく全額借入を予定している方は迷わず一括支払い方式で問題ありません!その方がお得になります。

さいごに

住宅ローン保証料について、多少はご理解いただけましたでしょうか。


さいごに衝撃の事実ですが、ネット系の銀行やフラット35では、住宅ローン保証料というものが存在しません!!


・・・・と言ってもカラクリがあって、その分だけ融資手数料が借入金額の2%ほどと、非常に高く設定されているのです。

ただし、とあるサービスを削ることで、保証料を支払う場合よりも金利が低く設定することに成功しています。

こういった銀行選択での方式の違いは、細かい事ですが、直接お金の事情に直結しますので、知っておくと良いことは多くあります。

融資手数料型に関しても、またご説明させていただきます。

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward