ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2020年05月03日
ブログ

不動産仲介の仕組みを知ればパートナーとなる不動産会社選びの大切さが分かります

不動産の仕事をしていると友人から「家を探そうと思って」とか「土地を探してくれない?」などの相談をいただきます。

本当にありがたい限りです。


期待に応えるべく精一杯頑張るのですが、たまにどうしようもないことがあります。

それは、すでに他の不動産会社さんに案内をしてもらっていて、あとは申込みをするだけ!というタイミングで相談をしてくれた場合です。

実は、この場合は倫理的になかなか協力しづらいんですよね~。

みんな!ぜひ出来れば、探し始めの段階でご相談ください。笑

そこで本日は知っているようで、知らない不動産仲介の仕組みについてお話いたします。

不動産取引には不動産仲介会社は2社登場します

1. 売主様が不動産仲介会社Aに土地の売却を依頼します。

2. 不動産仲介会社Aは一般向け・不動産会社向けに情報を公開し買主様を探します。

3. その情報をみた不動産会社Bはお客様へ紹介を行います。

4. お客様は土地を気に入り、売買となります。


上記のように、仲介で土地や中古住宅を購入する場合、不動産仲介会社は2社登場します。

売主様側の不動産仲介会社Aと、買主様側の不動産仲介会社Bです。

ちなみに、この2社は同じ会社でもOKです。
この場合を両手仲介と言います。

これが一般的な不動産仲介売買の大まかな流れです。

ネットに情報を掲載しているのは売主様側の不動産会社A

アットホームやSUUMOなどに情報が掲載されている多くの物件は、売主様側の不動産仲介会社Aが掲載をしています。

これは、売主様側の不動産仲介会社Aが他の不動産仲介会社がネットに掲載するのをNGにしているからです。

不動産仲介会社Aからすると、できれば買主様も自分たちで見つけて両手仲介を行いたいので、他社の広告を制限しているのです。

ちなみに、たくさんの不動産会社が情報を掲載している物件は売主様がたくさんの不動産仲介会社に依頼をしているからです。

新築やリフォーム済中古住宅など、これらは特に不動産会社が売主の場合に多いです。

当店で日本全国ほぼすべての物件を扱える

ネットやチラシ広告に掲載をしているのは売主様側の不動産仲介者Aです。

では、買主様側の不動産会社Bはどこになるのでしょう。

答えは、「どこでも良い」です!

日本全国どこの不動産会社でも、買主様から依頼されれば不動産仲介会社Bになれます。

裏を返せば、当店でも日本全国ほぼすべての不動産が扱えます。

そこで、
◆不動産をお探しの皆様にアナウンス◆

他の不動産会社さんの物件で「気になる!」という物件がありましたら、お気軽にご連絡下さい!

アットホームやSUUMO、ホームズ、スマイミー静岡などのポータルサイト、新聞折込やポスティングの不動産チラシなど、どんな媒体の物件でも構いません。

正直なアドバイスで購入をサポートします。
おススメしない物件は「やめた方が良い」と正直に言っちゃいます!

ネットやチラシでは、物件ごとに不動産会社が違うので、その都度、それぞれの不動産会社へ連絡をして、個人情報や希望条件を提示して、場合によってはしつこい営業に合ってしまいます。

時間も手間もかかってしまい、とても非効率ですよね。

そこで↓↓↓

窓口を一本化しよう!

窓口を一本化すれば、すべての物件を同じ担当者から紹介してもらうことができます。
物件を見つける前に、買主側の不動産仲介会社Bを決めちゃうわけです。

窓口を一本化することで、3つのメリットがあります。

手間が省け時間が削減できる

 希望条件に合った物件を不動産仲介会社Bが探してくれるので、手間がなく効率的に不動産探しができる。

一日に多くの物件をみて回れる

 物件内覧の調整などを不動産仲介会社Bがまとめて行ってくれるので、手間なく一日で多くの物件を見て回ることができる。

買主様に寄り添った比較アドバイスが可能になる

 売主様から預かっている不動産を売りたい不動産仲介会社Aと異なり、買主側の専任窓口となる不動産仲介会社Bは、素直なアドバイスができます。また、一緒に何件かの物件を見て回ることで、物件を比較したアドバイスも可能になります。


先に買主様の専任窓口となる不動産仲介会社Bを決めてしまうと、このようなメリットがあります。

売主様から預かっている物件を売らなければいけない。という意識がありませんので、フラットなアドバイスを行うことができるのが大きな魅力かと思います。

他店が案内したお客様は案内しない

この不動産探しの窓口を一本化する作業ですが、できれば探し始めの一番最初におこなって欲しいのです。

冒頭のお話に戻ります。

実は、不動産業にはお客様を他社から奪わないという暗黙のルールがあります。

不動産仲介会社Bに案内してもらった物件は、基本的に不動産仲介会社Bから購入をしてもらうべきです。
意図的に不動産仲介会社Cがお客様を奪うのはご法度とされています。

そのため、他の不動産仲介会社が案内をした物件を、購入直前に相談をいただいても困ってしまいますし、窓口の一本化は不動産探しの最初の段階が良いのです。

さいごに

売主様がどこの不動産会社に売却を依頼するのか、と同じように、買主様もどこの不動産会社を通じて購入するのかを選ぶことができます。

窓口を一本化することで、信頼できる担当者に任せられるとともに、物件を比較したフラットなアドバイスを受けられるというメリットがあります。

多くの不動産会社に個人情報を提示することで、しつこい営業をされたりする心配もありません。

この、窓口となるパートナーを探して一緒になって不動産探しを行うことが、上手な不動産購入の1歩目です。

静岡市内で不動産をお探しの方には、当店もお客様のパートナーに立候補させてください。

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward