ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2020年05月21日
ブログ

ひろ~い敷地を売る時は不動産買取がメインになるので納得のいく価格に届かない可能性が・・・・

不動産の売却には「仲介」と「買取」という2つの方法があります。

それぞれに売却理由や状況によって、おすすめできる売却方法は異なってきます。

ただ、広い敷地の売却の場合は、「仲介」での売却は可能性が極めて低いため、「買取」での売却が基本になります。

「買取」はスケジュールや条件面でのメリットはありますが、価格面でご希望に沿えない事があります。

広い敷地を「買取」で売却することについて、考えてみます。

一般の方は1年に何回も繰り返し不動産取引はできない

写真のような土地分譲、新築の建売分譲、こういった分譲地はほぼ間違いなく不動産会社等の事業者が売主です。

一般の方が、自分の土地を区画割して販売するという事はありません。

なぜなら、法律で禁止されているからです!

えっっ法律で!?と思われますよね。そんなことまで決められているのかと、僕も驚きました。

実は、宅建業の免許を持たない者が反復継続的に不動産の取引を行うことは禁止されています。

だから、個人の方が自分の土地を区画割して販売することは有り得ないのです。

反復継続的って?

サラリーマン大家なんて言葉も大衆化してきて、個人で投資用アパートを所有する方も続々と増えていますよね。

サラリーマン大家のような、不動産投資を行う方の中には、1年間に3棟も4棟も購入される方もいらっしゃいます。

えっそれって「反復継続的」じゃん?って思いますよね。
はいっ僕もそう思います!笑
ただ、それで捕まっている人を見たことはないです。でもダメなんです。警察に捕まります。

実はこの「反復継続的」という表現はとても曖昧です。

宅地建物取引業法でも反復継続的という表現しか明記されておらず、1年で何回取引をしたから反復継続的だ!という基準もありません。

以前、愛知県の宅建を管轄している都市整備局で伺ったことがあります。

そのときの担当の方は、「少なくとも年に2回の取引で反復継続的だ!なんてことは言えないよね。」とは、おっしゃっていました。

結局は、免許を持たない素人の方が何度も取引を行うのはリスクがあるし、相続税などの脱税(節税?)の温床にもなりえるので、禁止しているようです。

買取なので価格は低くなる傾向が・・・

個人では区画割をして分譲を行うことができないので、必然的に不動産会社等の宅建業の免許をもった会社が買取ることになります。

買取りを行った不動産会社は、区画割をして販売を行います。

もちろん土地を造成する費用がかかりますし、測量を行う費用もかかりますし、利益も確保しなければなりません。
場合によっては、道路をつくらないといけない事もあります。

区画割後に販売して売れるであろう価格から、これらのことを逆算して買取の金額を算出します。

したがって、周辺相場と比較しても、買取額は低くなります。

誠に残念ですが、広い土地の場合は、これらを許容せざるをえません。

複数社に買取額の提示を依頼しましょう

少しでも高い価格で販売するためには、複数の不動産会社に買取り額の提示をお願いする必要があります。

この際に買取会社だけでなく仲介会社も混ぜると有効です。

買取会社にも得手不得手や力の入れるエリア等が存在します。仲介会社はその情報を把握して、物件ごとに買取額の提示依頼をする買取会社を変えています。

つまり、その物件をもっとも高値で買ってくれそうな買取会社を連れてくるのは仲介会社なのです。

たとえ、仲介手数料がかかっても仲介会社が提示する価格がもっとも手残り金額が高額だ、なんてことも多いのです。

僕も何度も仲介という立場で買取会社に買っていただいております。

この買取ってくれる会社の選定は仲介の不動産会社の腕の見せ所のひとつでもあります。

さいごに

「宅建業の免許を持たない者が反復継続的に不動産取引を行うことは禁止」されています。

そのため、広い敷地を個人が分譲することは出来ず、不動産会社等に買取りをしてもらうしかありません。

結果的に、売却価格は低くなることもあります。

お手伝いをする僕らとしても不本意ではありますが、どうしても仕方のないことで、なんとかご理解いただきたい部分です。

もちろん少しでも高めの金額を出しくれる買取会社を探しますので、ぜひ頼ってください。


この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward