ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2020年05月30日
ブログ

団体信用生命保険料?保証料?混合しがちな住宅ローン借入にかかる諸費用をお伝えします!

不動産の購入には諸費用がかかります。

この諸費用も大別すると「購入のための諸費用」「住宅ローン借入のための諸費用」と2つに分けることが出来ます。

今回は「住宅ローン借入のための諸費用」のお話です。

そのなかでも、混合してしまう方が多い団体信用生命保険料保証料についてお話をいたします。

「住宅ローン借入のための諸費用」とは

まずはじめに、「住宅ローン借入のための諸費用」には具体的にどんな費用があるのかを確認していきましょう。

銀行事務手数料
 住宅ローンを借りる銀行に支払う事務手数料です。
 銀行によりますが、3万円~5万円(税別)ほどかかります。

印紙代 金銭消費貸借契約用
 銀行とお金の貸し借りをします、という契約を結びます。この契約を金銭消費貸借契約といいます。契約書には印紙を貼付しなければいけませんので、その印紙代です。

抵当権設定費用
 銀行は購入不動産を担保にしてお金を貸してくれます。この担保のことを抵当権と言います。購入不動産に抵当権を設定する申請を法務局へ行わなければいけません。その際に発生する税金・司法書士報酬が抵当権設定費用です。

団体信用生命保険保険料
 住宅ローンを借入れするには、団体信用生命保険への加入が必須です(フラット35除く)。団体信用生命保険加入の保険料がかかりますが、ほとんどの場合、借入金利に含まれていますので、別途で費用が発生することはありません。

保証会社への保証料
 保証会社へ支払う保証料です。保証会社や個人によって金額は異なります。
 後ほど、詳しく解説いたします。

火災保険料
 住宅ローン借入期間は火災保険への加入が銀行から義務付けられますので、必ず火災保険に加入をしなければなりません。補償内容や地震保険の有無、加入年数によって金額が異なります。

団体信用生命保険料について

団体信用生命保険とは、住宅ローンの債務者(借入れ人)が死亡時、もしくは高度障害を負ってしまった時に、残りの住宅ローンがチャラになる保険です。

どこの金融機関で住宅ローンを借りても、加入が義務付けられています(フラット35を除く)。

団体信用生命保険の保険料は金利に上乗せする形で支払います。
上乗せする金利は、基本的な団体信用生命保険の加入で0.2%です。

この0.2%は銀行が審査の回答として提示する金利に、すでに含まれています。

ゆえに、団体信用生命保険の保険料を知らぬ間に支払っている。なんて方も多くいらっしゃいます。

どこの銀行でも、どなたでも同様の保険料、同様の支払い方法なので、どこの銀行でも最初から金利に含まれています。

なお、ガン団信(ガンと診断された場合にも住宅ローンがチャラになる)、三大疾病団信(三大疾病と診断された場合にも住宅ローンがチャラになる)などの団信加入時には、金利が+0.1%、+0.2%となります。

この上乗せされた金利分も、保険料となります。


【保証会社への保証料】①保証会社の役割

住宅ローンは何千万円という大きな金額が動きます。

大金ですので、銀行もしっかりと個人の審査・物件の審査を行います。

さらなる安心のために、銀行は保証会社という絶対的安心材料を住宅ローン借入に加えることとしました。

それが保証会社です。

保証会社は債務者からの返済が滞ってしまった場合、債権者に代わって銀行に一括返済を行います。
と同時に、債権者は「銀行からの取り立て」はなくなり、「保証会社からの取り立て」がスタートします。

債権者からすると返済先が変わるだけですが、お金を貸し出す銀行からすると最悪のケースを免れることができます。

これが保証会社の役割です。

【保証会社への保証料】②保証会社が審査を行う

保証会社の役割を理解すると、万が一の場合のリスクは、銀行よりも保証会社が背負っている。ということが、理解できると思います。

そのため、住宅ローンの審査は保証会社が厳しく行います。

保証会社がOKを出さなければ、銀行はお金を貸してくれません。

銀行を窓口として審査を依頼して、銀行からお金を借りますが、実際には銀行のバックにいる保証会社が審査を行って、銀行が行う融資を担保しています。

いかがでしょう?
保証会社の重要性がご理解いただけましたでしょうか。

銀行のリスクを下支えする保証会社の存在が、いまの超低金利時代を実現させているといっても過言ではないでしょう。

【保証会社の保証料】③保証料

ここまでお話してきた通り、保証会社への加入は、銀行の安心材料という意味合いが強いです。

しかしながら、保証会社へ加入しなければ銀行はお金をかしてくれません。

保証会社に加入するために支払う費用、これが保証料です。

保証料は、利用する保証会社・個人・借入額によって変動します。

当然の原理ですが、滞納等のリスクが低い方には低額、リスクが高い方には高額になります。

保証料の支払い方法には2種類ございます。

①金利上乗せ方式
 団体信用生命保険と同様に、指定割合だけ金利を上乗せする方法

②一括支払い方式
 保証料を一括で支払う方法
 ※このときの保証料も融資してもらうことは可能です。

総返済額だけで判断すれば②一括支払い方式の方がお得です。

さいごに

住宅ローンを借りる際に諸費用についてお話いたしました。

特に「団体信用生命保険の保険料」と「保証会社の保証料」はこんがらがってしまうことが多いですが、全く違う費用です。

双方とも金額になおせば、何十万円~百万円単位の費用がかかっています。
大きなお金ですよね。

なんのための費用で、どういう役割に対して支払うのか。

保証料は個人によって金額が異なります。なんでそうなるのかを理解することで、不安を取り除くこともできると思います。

住宅購入を検討している時期だけ理解しておけばOKです。

知ることは不安で心配な住まい探しを、安心で楽しい住まい探しに変えてくれます!

分からない事があれば、ぜひ解決していきましょう!

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward