ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2020年05月31日
ブログ

不動産は1点もの!物件の特徴を求める人をひとりだけ見つければOK

「うちの家は北道路で陽当たりが良くないし」

「うちの家から駅まで歩いて行ける距離じゃない・・・」

「うちの家は旗竿地で縦列駐車なんだよな~」


いざ自宅の売却を考えてみたけども、気に入ってくれる方がいるのか心配・・・

このような不安を持たれている売主様は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方々へ向けたアドバイス!


大丈夫です。安心してください。

不動産は同じものは存在しない、個別性が極めて高い商品です。

ですので、みんなから気に入ってもらう必要はありません。

買主様はたった一人いれば良いのですから。

同じ不動産は存在しない

この世の中に全く同じ不動産は存在しません。

同一の建築会社が行う建売分譲だとしても、立地、面積、外観、日当たり、通風、プライベート感などの条件は少しづつ異なってきます。

不動産は個別性が高く、すべてが1点ものです。

つまり、「その物件の代わり」は存在しないのです。


分かりやすく極端な例を挙げると、

◆電車マニアで電車を眺めているのが至福の時間
 ⇒「線路沿い」という条件は欠かせません。

◆子供が3人のシングルの親
 ⇒ご実家に近い町内か同じマンション内が優先条件


買主様側の立場からすると、他の物件では替えが利かない

【欠かせない条件をクリアしている希少な物件】

であるため、なんとか手に入れたいと思うわけです。


学区、実家との距離、職場との距離などの立地面の特徴。
個性的な間取り、材料にこだわった住宅、風水にこだわった家など建物の特徴。

こういった特徴が強ければ、買主様からすれば、その物件でなければいけない理由がより強まるわけです。

それ本当にデメリットですか?

日当たり/形状/周辺環境・・・

冒頭でお話したような、自宅のデメリットを不安視される売主様は多いです。

でも、それらは本当にデメリットなんでしょうか?

売主様にとっては、デメリットなのかもしれませんが、買主様にとってはメリットかもしれません。


△「北道路で陽当たりが良くない・・・」 ⇒ ◎「リビングが道路側を向いていないので、カーテンを開けて窓を全開にできる!」

△「駅まで歩いて行ける距離じゃない・・・」 ⇒ ◎「周辺に商業施設がないから人通りも少なく、静かでゆったりした朝を迎えられる!」

△「旗竿地で縦列駐車・・・」 ⇒ ◎「奥まっているからプライベートが守られる!予算を抑えて家にお金をかけられる!」

こんな風に、買主様からすると、願ってもない理想条件かもしれません。


ご家族の数だけ理想の生活があって、それぞれ求める条件は異なってきます。

過去には、マンションが目の前にある土地を「マンション住民の目が防犯の役割を果たしてくれる!」と喜んでくれたお客様もいました。
共働きでお家を留守にする昼間が心配だったようです。

築40年の古家を「風通しを考慮した昔の間取り(造り)が、エアコン嫌いで気に入った!」というお客様もいらっしゃいました。

デメリットだと感じている部分でも、他の方はメリットと捉えるかもしれません。

むしろ、そういった方を探した方が売却自体が上手にいく可能性もありますよ~!

特徴をアピールする戦略もあります

メリットもデメリットもその情報を受け取る買主様次第。ということはご理解いただけたかと思います。

だったら、思い切ってデメリットだと感じている部分を全面に押し出して販売を行うことも有効な戦略かもしれません!

「いやいや、デメリットをアピールしたって、ダメでしょ!」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、そんなことありません。


もちろん北道路!!だけをアピールしてもダメですよ!
【北道路だからプライベート確保!】までしっかりと伝えましょう。

築古の家だって、DIY好きには刺さる物件です。

三角形の土地だって、奇抜なデザインを助長してくれますし、土地値も抑えられるメリットがあります。


デメリットに感じている特徴、その特徴だからこそ可能な事。

ここを全面に押し出せば、物件の個別性を気に入ってくれる方は必ず見つかります。


たったひとりの買主様に伝われば良い

不動産売却の本質はここにあると思っています。

1点ものの不動産では、たったひとりが「買いたい!」と思ってくれれば成功なのです。

10人が欲しい!という物件でも、1人が欲しい!という物件でも、買主様はひとりです。

これが自動車や洋服などと決定的に違うところです。

ですので、「周りの物件と比較して人気が出る物件かな~」と悩む必要はありません。
あなたのその物件がもつ特徴だからこそ、欲しい!と言ってくれる方をひとり見つければ良いのです。

なんだか、売れそうな気がしてきませんか!?


よく耳にするデメリットなんて、さほど気にする必要はありません。

どんなパートナーとタッグを組んで、どう販売していくか。
こちらの方が重要です!

さいごに

人生でそう何度も経験することのない不動産取引ですので、多くの方が心配事や不安を抱えていらっしゃいます。

今回お話した物件のデメリットも売主様が抱える不安としてよく伺います。

個別性の強い不動産では、受け取り側の買主様次第で、デメリットはメリットにもなってきます。

物件のもつ特徴を、メリットとしてアピールしてくれる不動産会社とともに、たったひとりの買主様を探しましょう!

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward