ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2020年06月09日
ブログ

「未公開物件」に騙されないで!未公開にして家を売る理由はありません。

本日は未公開物件についてお話をさせていただきます。

「未公開で家が売る理由はない」これが基本であり、すべてです。

ほとんどの未公開物件という記述は、特別感を演出するためのマーケティングで、本当の意味での未公開物件ではありません。

この「未公開物件」というワードに弱い人は多く、不動産会社のホームページでは未公開物件を呼び水に会員登録や来店を促すようなホームページの作りになっている会社も多いです。

未公開のはずなのに、会員登録をすれば見ることが出来る。
・・・・よく考えればおかしな話ですよね。

単純に不動産会社はお客様の情報が欲しいのです。

そのために「未公開物件」という言葉を用いているというわけです。

売主様も売ることに必死

買主様が一生懸命に購入物件を探しているのと同じように、売主様は売却物件を売ることに必死になっています。

アットホームやSUUMOなどのポータルサイトは買主様が物件探しにみるのは当然ですが、最近では売主様も自分の物件の掲載状況や近隣物件の調査で見ています。

仮に、売主様から売却を依頼された物件を未公開として店頭でのみ販売をしているとしましょう。
そんなことをしていると売主様に怒られてしまい、売却の依頼を他社に切り替えられてしまいます。

一昔前のように不動産会社がいいように出来る時代ではありません。
不動産売却において、ネットに掲載するのは基本です。

ネットで調べつくしても見つからない。「見たことのない物件」というのは、ほとんどありえなくなっています。

そもそも未公開にする理由はない

インターネットで不動産を簡単に探せるようになりましたので、希望条件の物件を探すのは一般の方でも容易にできます。

そのため「未公開物件」はさらに重宝されるようになってしまっています。
「未公開物件」ばかりを追い求めるお客様もでてきています。

でも落ち着いて考えてください。

論理的に「未公開物件」というのは、ありえないのです。

買主様が出来るだけ安く購入したいように、売主様は出来るだけ高く、そして早く売りたいと考えています。

そのためにインターネットを使わないわけがありませんし、未公開物件として困るのは売主様です。場合によっては、法的な責任追及さえありえます。

どこをどう見渡しても、売物件を未公開にする理由はないのです!

ごく稀にある未公開のケース

実際のところ、ごく稀に「未公開物件」はあります。

プライバシーの問題からネット掲載NG

これは想像がつきやすいかと思います。

中古住宅などで、売りに出していることを周囲に知られたくないから、ネット掲載をNGとして、店頭のみでの公開としているケースです。

しかしながら、いまの時代に不動産を探しにプラッと不動産会社を訪ねてくる方はそういません。

不動産を売却するためには、こちらから情報を公開して興味をもってくださる方を集めなければなりません。

売主様もそれは分かっています。

ですので、ネット掲載NGになさる方はほぼいらっしゃいません。

外観写真NGや詳細の場所掲載NGなどはありますが、この場合も物件情報はネットに公開します。

販売公開前、販売直後の物件

情報がまだ広く伝達する前であれば、未公開物件として扱うこともあるかもしれません。

売主様から販売を依頼された物件は、媒介契約に応じて何日以内にレインズに情報を掲載しないといけませんよ~と決められています。

その数日間であれば、依頼を受けた会社しか販売情報を知らない状況です。

そのタイミングであれば、未公開物件という扱いができるかもしれません。

「未公開物件」のワナ

全然未公開物件でもないのに、不動産会社は意図的に「未公開物件」という言葉を使っています。

この未公開という言葉につられてしまうと、思わぬところで買主様に不利が生じます。

1.あおられる

「未公開」の物件に飛び込んでいくわけですから、あおられる環境に買主様自らが追い込まれていきます。

「未公開」であなただけに!もし決められないのなら他の人にも紹介します!

なんて言われたら、焦って自然と判断が鈍ってしまいますよね。


たまたま未公開のタイミングで知れた物件に対して、「未公開」という箔を自分でつけてしまって、判断を鈍らせないようにしてください。

決して「未公開=掘り出し物件」ではありません!

2.割高である

ここまでお話してきたように「未公開物件」というのは、販売をするうえでの演出です。
ということは、なにか理由がありそうです。

周りよりも条件の良い物件が安ければ、公開すればすぐに買い手がつくはずですから。


ここで多いのが、割高である場合です。

割高の物件を「未公開物件」とすることで、ネット上で他の物件との比較を防ぐ狙いがあります。

ネット公開がされておらず、もともと他の物件との比較をしづらい物件に、特別感・希少性という演出が加わって物件を紹介されれば、良い物件に思えてくるのが自然ですよね。

このような手法によって、割高である未公開物件もございますので、要注意です。

掘り出し物件を探すのは困難

お客様のなかには、なんとか掘り出し物件を見つけて上手に購入したい!とお考えの方も多くいらっしゃると思います。

残念ですが、掘り出し物件を見つけるのはかなり困難です。

というのも、掘り出し物件は不動産会社が購入するからです。


例えば、安くても良いから早く手放したい!という売主様がいらっしゃったとします。
この場合はすぐに不動産会社が購入します。

表向きには一切情報は流通しません。


もうひとつ、値付けミスで周りよりも割安で物件が販売されたとします。

この場合も不動産会社等が購入していきます。先に購入するには、毎日毎日、不動産情報をみている不動産会社を相手に先行していかなければなりません。

一般の方には困難と言わざると得ません。


もし、僕が値付けミスの割安物件を見つけたらどうするでしょう。
※自分では買取をしないこととします。

当店もお客様に寄り添った不動産会社のひとつだと自負していますが、一般の方でなく不動産買取会社に情報をお伝えします。


買取会社は利益が見込めれば、すぐに判断して、即金で購入していきます。

事前審査をして、銀行の融資承認の返事を待たなければいけない個人とはスピード感に大きな差があります。

掘り出し物件ですので、スピード感はとても重要で、個人の方が先に情報を入手しても、後から知った不動産会社等に追い抜かれてしまいます。

買取業者と個人ではこのような情報取得の差、スピード感の差があります。

掘り出し物件を何とか購入しよう!というお気持ちは十分に理解できるのですが、現実問題としてなかなか難しいと言わざるを得ないのです。

さいごに

「未公開物件」と聞くと、ぜひとも教えて欲しい気持ちになります。

僕自身も限定品やら特別感には弱いので。。。。笑


でも不動産の場合は、未公開物件というワードはお客様に興味をもってもらうためのワードとしての位置づけがほとんどです。

なぜなら、未公開にする理由がないから。

売れる物件であれば、公開すればすぐに売れます。それをわざわざ未公開にする理由などありません。

それなのに、わざわざ未公開にしているのには理由があります。

それはお客様に特別感を感じてもらうことです。

これがレストランやホテルなら特別感は嬉しい限りですが、不動産の場合は判断を鈍らせる材料となるだけです。

未公開物件=掘り出し物件ではありませんし、そもそも不動産で掘り出し物件を手にすることは困難です。

ぜひとも自分から「未公開物件」のワナに入ってしまわないように、お気をつけください!!

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward