ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2020年06月15日
ブログ

家は暮らしのツール。どう生活するかをイメージすることが重要です!

現在、注文住宅を検討中で土地探し・建築会社探しを行っているお客様がいらっしゃいます。

本日も、そのお客様と一緒に建築会社さんの話を聞きにいきます。

正直言いまして、めちゃめちゃ楽しいです。笑

第三者の立ち位置で、
間取りに対して、ああでもない、こうでもない。
費用に対して、ああでもない、こうでもない。
設備に関して、ああでもない、こうでもない。
これを考えるのが、非常に楽しい!!

会社さんによって、出てくる間取りなどの図面も、特徴も全く異なります。
それを見比べたり、よりお客様の生活感に近づけるようにするのが楽しくて、つい口を出し過ぎてしまっています。笑
建築会社より、お客さんより、ただの土地仲介の僕が一番喋っている。笑
お客さんや建築会社さんからすると、迷惑極まりないかと思います。すいません・・・

このお客様、実はもともと新築の建売住宅を検討されておりました。
しかしながら、予算内で注文住宅が検討可能なら!ということで、いま一緒に土地探し・建築会社探しをしています。

建売住宅は誰かのために造られた家。注文住宅はあなたのために造られた家。
この違いを、如実に実感している2020年6月でございます!

家は幸せな暮らしのツール

そもそも家は幸せな暮らしを実現するためのツールのひとつに過ぎません。

マイホームが幸せな暮らしをつくってくれるわけではありませんし、生活水準が上がったからと言って幸せになるとは限りません。

ですので、どんな家を「購入する」のかよりも、購入した家で「どう暮らす」のか、の方が何倍も住まい探しでは重要です。

この点は、戸建だろうがマンションだろうが、新築だろうが中古だろうが、注文住宅だろうが建売住宅だろうが、同じです。

自分たち家族の幸せな暮らし。この中身は変わりません。

変わってくるのは、外側の箱の部分です。

万人受けする建売住宅

建売住宅は、誰からも嫌われない無難でシンプルな箱です。

ほとんどの方がシンプルさを許容してくださり、お使いいただけます。
そのため、大量生産が可能で安価に提供をすることが出来ます。

幸せな暮らしを実現するには充分な能力を備えており、この箱がピッタリと希望に合うお客様もたくさんいらっしゃいます。

家具やインテリアを工夫することで、より自分たちの幸せな暮らしに近い箱に仕上がっていきます。

自分たちの暮らしに合った家

一方の注文住宅は、自分たちの中身(暮らし)に合わせて、最初から箱の形も自分たちの使いやすいように変えることができます。

ひとつひとつ受注生産なので、建売に比べると金額がかかってしまいます。

家族の人数に合わせた間取、自分たちが落ちつける空間の内装、つい見惚れてしまう目を引く外観など、自分たちがワクワクする家・幸せに暮らせる家を、カスタムしていくことができます。

どうカスタムして良いのか分からないときのために、住宅営業さんがいらっしゃいます。

住宅営業さんの力も借りて、自分たちの幸せな暮らしに合った箱をつくれます。
自分たちの中身(暮らし)を考慮した、自分たちのための家が注文住宅です。

注文住宅が楽しい理由

注文住宅で間取りを考えたり、建具や設備を考えることはとても楽しいですよね。

これは、自分たちの生活を落とし込んでイメージ出来ているからです。

こんな外観の家に帰ってきて、リビングに入ったらこんな光景が広がっていて、ここの収納にはこれをしまって、洗濯物はここに干して・・・・・と、いろいろ想像しながら間取りや建具などを考えてきますよね。

しっかりとそこに住む自分たちの生活がイメージ出来ているのです。
だから、ああでもない、こうでもないという答えのない議論が楽しいのです!


一方で建売住宅は、実物を見ることができます。
これがメリットなのですが、完成物を見れることで生活のイメージを怠ってしまう、という一面もあります。
新築の綺麗さや広さ、設備の充実度に目がいってしまいます。

建売を見学する時には、その建物に生活をする詳細なイメージをもつと、より物件の魅力に気が付くかもしれませんし、自分たちの暮らしに合うかどうかも判断しやすくなるかもしれませんね。

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward