ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2020年06月27日
ブログ

掘り出し物件を探すには許容をしなければなりません。

不動産をお探しの方には残念な話ですが、不動産に掘り出し物件は存在しません。

過去には、買主様から「掘り出し物件じゃないですか!!?」と聞かれるような取引も行ってきました。

しかしながら、それらは土地が狭かったり、道路が狭かったり、線路わきであったりというデメリットがありました。

つまり、たまたまその人にとっては掘り出し物件であっただけです。


誰から見ても明らかな掘り出し物件には出会えません。

もしあなたがどうしても掘り出し物件に出会いたい!お得に購入したい!

というのであれば、何かを許容するのが最善の近道なのかもしれません。

掘り出し物件は不動産会社が買う

様々な事情を抱え、「不動産を早急に現金化したい!」というご要望の売主様もいらっしゃいます。

このような場合では、1000万円でも売却できる物件が600万円、700万円などでも購入できるケースがあります。

かなりお買い得ですよね!!まさに、掘り出し物件と言えるかと思います!!


でも残念ながら、あなたがこの掘り出し物件を購入できることはありません。


ほぼ確実に相談を受けた不動産会社等が購入をします。

あなたがこの物件に出会うのは、不動産会社が買取して1000万円で再販売を行っているときです。

つまり、掘り出し物件を手にしたのは不動産会社で、一般の方々はそれが掘り出し物件であったことすら知る由もないのです。

相場よりも低い価格で取引される掘り出し物件は多くあります。しかしながら、それらが一般の方々に届くことはほぼないのです。

ライバルは不動産買取のプロ

ごく稀にですが、値付けミスなどでお買い得の物件が市場に登場します。

「どうしてもお得に買いたい。」という方は、これを狙い撃ちするという方法もあります。


ただし、周りのライバルは日々こういった物件を探し回っている不動産買取のプロですから、かなり強力なライバルです。


しかも、融資の確実性という点で、一般の方は不動産買取会社に劣ります。
そのため、同時期に購入を申し込んでも、不動産買取会社を優先する売主様が多いでしょう。

つまり、毎日不動産情報と向き合っている不動産買取会社を出し抜いて、素早い決断と融資をクリアすることで、やっと値付けミスの掘り出し物件を購入できるかもしれません。

ん~、なかなか険しく途方もない道に見えてきます・・・・


あなたにとっての掘り出し物件

それでも過去にお手伝いをさせていただいた買主様のなかには、掘り出し物件を手に入れた!と喜んでいただけたこともありました。


どうやって、そんなことが出来たのか? と、不思議に思うかもしれません。


でも特に変わったことはしておらず、買主様の希望の暮らしに合わせて希望条件を整理して物件をご紹介しただけです。不動産仲介として普通の仕事です。

それを買主様に「掘り出し物件だ!」と喜んでいただけたのです。

これは単純に、他の人にとってはそんなことないのですが、その人にとっての掘り出し物件だった、ということです。

自分だけの掘り出し物件を手にした実例

僕が実際にお客様から大変喜んでいただいた事例を2つ紹介します。

◆周辺相場よりも単価が安い物件であったが、土地面積が26坪しかなかった。

4人家族が住まうような、4LDKや3LDKを建築して駐車場を2台確保するには最低でも30坪ほどの土地面積が必要です。

そのため、35坪の土地と25坪の土地では前者の方が需要が豊富です。

結果的に後者の方は、土地価格を相場よりも下げて売り出すことで売却を図っていました。

しかしながら、この買主様がお探しだったのは、お子様との2人で住まうマイホームです。そのため、26坪の土地でも十分に理想とする暮らしを実現できる広さだったのです。


◆線路脇の土地は電車の音を避けるため需要が低くなる

売主様より駅近で38坪の売土地をお預かりしました。

たくさんの反響はありましたが、なかなか購入希望者はあらわれず・・・・

その原因は「線路の目の前であったこと」と、僕も売主様も承知しておりました。

最終的に売れた価格は周辺土地相場よりも一坪当たり8万円ほど下がった価格でした。

購入者さんは、住んでいた賃貸アパートが線路脇のため、線路の目の前など全く気にしていませんでした。
土地を探し出して1週間で即決してくれました!

この方のように、他の人が避けるような特徴を意に介さない場合は、あなただけの掘り出し物件に出会える可能性は高くなります!

さいごに

一般の方が掘り出し物件を手にするには、プロの不動産買取会社を出し抜かなければいけませんので、かなり難しいことです。

それでも出来るだけお得に、掘り出し物件を購入したい方には、許容条件を見つけ出すことが最善の道かもしれません。

もし、多くの方が敬遠する条件をひとつでも許容できれば、掘り出し物件にグッと近づくことが出来ます。


不動産会社をまわって、掘り出し物件はないですか~?と聞いて回るより、何倍も現実的な方法であると思います。


不動産の基本は掘り出し物件は存在しない!
これは念頭に置いておきましょう。

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward