ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2020年07月08日
ブログ

静岡市防災情報マップを見直してリスクや避難場所について再確認をしましょう!

南九州豪雨は甚大な被害となっていますね。

死者行方不明者合わせて50人超えですから、自然災害の恐さを思い知らされます。

新型コロナの状況もあり、今後の復興がとても気になります。

他県からボランティアに来ました~!なんて気軽に言える状況でもないですからね。


僕は大学が山口県だったので、九州の方にも友人が何人もいますので、他人事ではありません。
何も僕に限らず、あの河川氾濫の映像をみれば誰しもが自分の住んでいるエリアへの不安や心配を考えずにはいられないと思います。

避難場所知っていますか?

一昨日、郵便局へ切手を購入しに訪れたときに、郵便局員の方が電話している声が耳に入ってきました。

「災害時や洪水時などの避難場所を教えていただきたいのですが。場所は静岡市○○です。」

おそらくですが、万が一のときの避難場所を確認していたのだと思います。


みなさん、災害時の避難場所を言えますか?

当店は清水第七中学校もしくは静岡県立大学です。おそらく!笑
しっかり調べておかないと・・・

家族で同じ避難場所を決めておかなければいけません。携帯電話なんて無くすかもしれませんし、混線して繋がらないかもしれませんし!

平日日中の避難場所も知っておく

意外に見落としがちなのは日中の避難場所です。

職場の避難場所はどこですか?

幼稚園・保育園の避難場所はどこですか?

自宅からの避難場所を知っている人は多くいらっしゃるかと思います。

しかしながら、自分の職場・配偶者の職場・子供の幼稚園/保育園の避難場所はご存知でしょうか。

小学校、中学校、高校、大学などは避難場所となることが多いので問題ないですが、幼稚園/保育園は避難場所に指定されていない事も多いです。

平日日中の避難場所、ここも忘れずに確認しておきましょう!

ハザードマップを再確認

避難場所の確認や自然災害に対するリスクをするには、「静岡市防災情報マップ」を利用するのがおすすめです。

避難所や救護所の検索はもちろん、津波・洪水・内水へのリスクも調べることができます。


洪水 ⇒ 今回の南九州豪雨のように川が氾濫することによる浸水リスク。

内水 ⇒ 集中的な豪雨によって排水処理が追い付かずに周辺一帯エリアで最も低いところに水が溜まってしまう災害。水溜まりのようなイメージ。


洪水は河川の近く、土砂災害は山の近くです。

しかしながら、内水はどこのエリアでも起きる可能性がありますので「海も川も山も離れているから大丈夫!」なんて判断せずに、調べておくと良いと思います。

【静岡市防災情報マップはここから】

ちなみに、静岡市のハザードマップは1000年に1度起こりえる大雨を想定して作成されています。

重要事項説明書の説明条項ではない

ちなみに不動産売買時に物件の説明書となる「重要事項説明書」ではハザードマップの説明は、説明項目の必須にはなっていません。

各市町村によって、ハザードマップの作成状況も違えば、作成基準も違うからだと思われます。


当然ながら、ハザードマップの浸水等の該当エリアであればキチッと説明を行いますが、特約条項での説明もしくは物件状況等報告書での説明になりますので、気を付けないとサラリと流されて説明されてしまう可能性もありますので要注意!

静岡市防災情報マップはネットですぐに見られますので、気になる物件や契約予定の物件がある場合は必ず確認しておきましょうね~

さいごに

静岡市には海があり、有度山や谷津山などの山があり、安倍川や巴川やその支流があります。


安倍川の氾濫想定では静岡駅も浸水エリアに指定されています。

清水駅は津波の浸水想定エリアです。

東静岡駅周辺は内水の浸水想定がなされています。


静岡市防災情報マップで何のエリアにも指定されていない。という、ところの方が少ないかと思います。

静岡市は山を背負って、海があります。必然的に川も流れます。

海には自信を発生させる大陸プレートが存在し、駿河湾の深海をつくっています。


災害とは切っても切れない街です。

自分が住むエリアにはどんなリスクがあるのか。万が一はどこに逃げれば良いのか。

平日の日中も含めてしっかりと見直しておきましょう!

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward