ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2020年07月23日
ブログ

ご両親への住まい探しの報告はお済みでしょうか?

「そろそろ自分たちもマイホームを・・・」

 

そう思い、ネットで物件情報を検索したり、不動産会社に話を聞きに行ったりされると思います。

 

可能であれば、その前に行って欲しいことがあります。

 

それはご両親への報告です。

 

わざわざ報告しにご実家へ足を運ぶ必要はありませんが、何か連絡を取ったついでにでもぜひご報告してください。

 

それならば!

と、援助をしてくださる親御様もいらっしゃいます。

 

令和3年12月31日までは住宅購入等にかかる資金援助に対しては、贈与税が非課税となる制度があるため、資金援助に関しては追い風となる時期でもあります。

報告は早いに越したことはない

よくあるのが、これからお家を買う!買った!というご両親へのご報告。

 

独立して自分たち家族で居を構えているので、購入検討段階でわざわざ報告はしないけど、購入を決めたりしたときには一報入れておこうかな。というパターンです。

 

実はこれ、あまりベストなタイミングではないんですね~

 

資金援助も含め、親御様にも希望や考えがあったりするものです。

 

実際に以下のような事例が何度もありました。

 

「お家を買うのであればいくらか援助するよ!」

「資金援助するから、近くに住んで欲しい!」

「できれば実家に入って面倒を見て欲しい!」

 

このような親御様のお気持ちを汲み取ると、時間をかけて悩んだ末に決めた決断が、振出しに戻ることになります。

もし、契約をしてしまっていたら最悪ですよね。でも、どうすることもできません。

 

ぜひ、親御様へのご報告は可能な限り早急に。これから探そうと思っている!という報告で構いません。

 

援助が頂けるのであれば、探す物件も購入する物件も異なってきますからね~

 

「援助してくれるなら早く言ってよ~!!」なんていう、微笑ましくも子供勝手な言い争いも何度かありました。笑

相談する場合の注意事項

ご両親へのご報告ではなく、ご相談。というパターンもあると思います。

 

実際に住まい購入を経験している親御さんの意見やアドバイスは貴重ですよね。

 

ただ、ご相談の場合は少しだけ頭に入れておいて欲しいことがあります。

 

それは「親や友人は否定的であることが多い」ということです。


 

何千万円という買い物で、何十年というローンを背負っていくのが住宅購入です。

 

たとえ、お子さんであったり、親友であっても、意見を求められたり購入の背中を押すという行為には、大きな責任を感じます。

 

とりわけ、自分の目で見ていない物件の場合は特に否定的です。

 

もしも、購入を決断する段階での報告・相談になる場合は、一緒に物件をみてもらうようにすると良いかと思います。

住宅購入等に係る資金援助の非課税枠

令和3年12月31日までであれば、自己居住用住宅の新築・取得・増改築等のための贈与に対して、贈与税が非課税で援助を受けることが出来ます。

 

◆直系卑属(両親や祖父母)からの贈与であること

 

◆住宅取得の翌年に確定申告を行うこと

 

◆贈与を受けた年の1月1日時点で20歳以上であること

 

◆贈与を受けた年の合計所得金額が2000万円以下であること

 

◆建物の床面積が50㎡以上240㎡以下であること

 

など、様々な条件がございます。

 

このあたりの詳しい条件はまた別記事でご紹介いたします。

 

非課税額の上限は消費税の有無、住宅性能を示す証明書等の有無で異なってきます。

 



いまであれば最大で1500万円までは贈与税が非課税で援助を受けられます。

 

親⇒子への1500万円の贈与は、本来であれば410万円の贈与税がかかりますが、住宅取得資金の贈与であれば0円で行うことが出来ます。

 

410万円・・・大きいですよね~~

 

現状で令和3年12月31日までは利用できる優遇ですが、それ以降はどうなるのか分かりません。

 

もしすでに住宅購入時に支援をいただけることが分かっている方は、早く動くのが最善ですよ~

さいごに

いくら独立して自分たちだけで暮らしているとは言っても、人生における大きなイベントである住宅購入をご報告しない訳にはいきません。

 

せっかくのマイホームですので、親御さんにも遊びに来て欲しいですし、ご納得いただきたいですものね。

 

親御様の本音の気持ち、資金援助等を考えると、不動産を探し出す前にご報告をするのがベストタイミングです。

 

1500万円を援助する!なんてことになれば、住まい探しは大きく変わってきますからね~

1000万円以上の資金援助を受けられたお客様にはまだ出会ったことはないですが・・・笑

 

これから住まい探しを始めよう~、とお考えのあなた!

まずは親御様へのご報告をしてみるのがおすすめですよ。

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward