ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2019年02月12日
ブログ

2月15日から静岡市でタクシーの相乗りサービスの実証実験が始まります。

2月15日~23日の9日間、東静岡駅周辺でタクシー3台を用意し実験を行います。

スマートフォンから乗車経路を提案する専用のアプリを通じて行き先を予約することが可能です。

タクシーの利用料金はなんと無料!ですが、LuLuCaモニター会員アンケートシステムを通じて、実験事後アンケート調査を実施するため利用者はLuLuCaカード会員に限定されます。

また、13日には清水港周辺でも行いますが、こちらはクルーズ船の外国人乗車客を対象に実施を行うとのことです。

相乗サービスの確立は人手不足を解消するひとつの方法として、AIを活用した交通機関の効率化実験等と合わせて全国で行われており、静岡鉄道もノウハウの蓄積を急いでいます。

全ての交通機関を含めた、最適な移動手段の提供が最終目標。

この実験は「MaaS実証実験(Mobility as a Service)」の一部で、最終的には出発地と目的地を入力するだけで、電車バスタクシーなどの隔たりなく、目的地までの行き方と料金を一括で検索・支払いをできるシステムを目指したものです。

今は電車の時刻や料金、バスの時刻や料金を別々でしらべ、必要があればタクシーの手配等も必要となっていますが、それが一括で検索・支払いが可能になるとかなり便利な気がします。

今回の相乗サービスの検証実験ではAIが複数の乗車客の目的地の最適ルートを検索します。相乗サービスの確立はタクシー業務の効率化に直結し、MaaS実証実験の概念にのっとった将来的な移動手段の確保に大きな貢献を期待されています。

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward