ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2020年11月21日
日常生活

築26年の中古住宅を大工さんと内覧してきました

築26年の鉄骨造の中古住宅をご案内してきました。

まさに本日から雨漏りの工事がスタートする物件で、足場を組みあげている横で内覧をさせていただきました。

そして、お客様は大工さん。
足場屋さんともお知り合いだったようで、足場屋さんが一番驚いていました(^^)


鉄骨とは言え、築26年の建物ですから気になるところが全くない!というわけにはいきません。
すでに雨漏りの修理工事もしていますしね~


まざまざと感じたのは、現場レベルでの建物知識の差です。

建物のこともある程度知識を持っているつもりでしたが、所詮は机上の知識で、現場を知っている大工さんの話は桁違いに具体的で信頼性が高いと感じました。

不動産会社も、建築会社の営業マンや現場監督も、リフォーム会社の営業マンや現場監督も、自分で建物を建てたことはないし、自分でリフォーム工事をしたこともありません。

これらをすべて経験している大工さんの発言は、説得力があります。具体的な方法も、理由も、原因の想定も、納得の連続です。
恥ずかしながら、建物についてのご案内は何ひとつできませんでした・・・・

確認をする箇所も大工さんならではですし、費用も、リスク把握も瞬殺です。

もし私が中古住宅を購入しようと、内覧をする場合は大工さんに同行をお願いします!リフォーム会社の営業マンより何倍も頼れます!

arrow_upward