ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2019年02月23日
ブログ

住み替えの方法には「売り先行」と「買い先行」があります。

マンションが手狭になったから戸建を購入したい。建て替えを考えているがもっと立地の良いところに引っ越したい。など住み替えをご検討される方は多くいらっしゃいます。

住み替えには、現在の住居を売却してから新居を購入する【売り先行】と、新居を購入してから現在の住まいを売却する【買い先行】があります。

それぞれの方法にメリットとデメリットがあり、どのように進めていくかはお客様の判断になります。

【売り先行】のメリット・デメリット

◎メリット

・現在の住まいの売却価格が決定するので、全体の資金計画がたてやすい。

◎デメリット

・居住しながらの売却になる。

・購入物件が決まらないと、仮住まいに出る必要がある。

 

【売り先行】では売却に時間をかけることが出来るので、納得のいく売却を実現しやすい一方で、引渡し(引越)の期限が発生するのでそれまでに購入が出来なければ仮住まいに出る必要がでてきます。

また、自宅に住みながら売却活動をするので希望者が内覧に来られますし(日程調整をします)、空室と比較して多少売りづらくなってしまいます。

【買い先行】のメリット・デメリット

◎メリット

・新居の物件をじっくり探すことが出来る。

・空室のため売却活動が行いやすい。

◎デメリット

・売却金額が不明で資金計画が難しい。

・現在の住まいの住宅ローンが残っていると、新居と二重返済期間が発生する。

【買い先行】では余裕をもって新居探しが行えますが、売却金額等が不明瞭など金銭面でのデメリットがあり、自己資金にゆとりがない人にはあまりおすすめが出来ません。

金銭面に余裕のある場合は、新居を選んできっちり売却活動を行えば良いのでおすすめできる方法です。

成功のカギは住み替えプラン!

自己資金額や現住まいの住宅ローンの有無、売却希望額や住み替え完了の期日などによっておすすめの方法が変わります。

上記のような条件をしっかり伝え、不動産屋に相談しましょう。

住み替えは資金計画に加え、住み替えプランが肝になりますので、不動産屋と充分な事前打ち合わせを行ってください。

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward