ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2019年03月03日
ブログ

消費税増税後は住宅ローン控除が拡充されます!

住宅購入を検討されている方の中にはご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、消費税が10%に増税されるのに伴って、住宅ローン控除が拡充されます。

拡充内容を確認すると増税後の購入でも十分にメリットがある内容で、消費税増税前の住宅購入が必ずしもお得だとおすすめできなくなりました。

他の緩和措置や住宅ポイントもあるので、もしかすると増税後に購入した方がお得な方がわりと多いかもしれませんね。

それぞれの借入額やその他緩和措置などにもよりますが、増税の前と後どちらの購入がお得なのか気になる方はお問い合わせいただければ、個別で計算をして説明いたしますよ!

住宅ローン控除の期間が10年から13年に延長。

これまで住宅ローン控除を受けられる期間は10年でしたが、10%の消費税が適用される場合は13年に延長されます!

延長された3年間は

・年末ローン残高(上限4000万円)の1%

・建物購入価格(上限4000万円)の2% ÷ 3

の、どちらか少ない額が控除額の上限になります。

そのため最大でも年間26.6万円ですが、3年間あれば最大80万円ほど控除できます。

土地建物の金額バランスでも多少変わりますが、この3年間延長の措置だけでも増税分の2%相当は還元を受けられるのではないでしょうか。

中古住宅をご検討の方は要注意!

売主が不動産会社等の中古住宅の場合は、住宅ローン控除の拡充が受けられますが、一般の方が売主の中古住宅では拡充は受けられませんので要注意です!

理由は一般の方が売主の場合は消費税がかからないからです。

そのため受けられる住宅ローン控除は

・年末ローン残高の1%(上限2000万円)

・期間は10年間

で、最大控除金額は200万円です。

現在の8%になる際に拡充された上限金額4000万円も適用対象外ですので、要注意です!

ここはつい間違えてしまう不動産会社さんもいますので、中古住宅もご検討されているお客様は意識しておいてください。

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 大柄な見た目以上に声が高く萌えないギャップ / 髭が濃い / 仕事になると真面目 / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア101。まだまだ遠い道のり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward