ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2019年03月17日
ブログ

購入申込書(買付)は固い意志で書きましょう。

不動産を購入するときには購入申込書(買付)を提出します。

購入申込書は、契約までの諸条件の希望を記載したもので、「どの物件を、どんな条件(価格等)で購入したいです。」という買主様の意思表示を記したものになります。

その意思を受け取った売主様は、買主様と条件や契約の調整に入り、物件の販売は一時停止され、売却活動がストップします。

買主側の不動産仲介業者の立場からすると、購入希望者がいて売主様と折衝を開始したいという証明書で、物件の販売が停止し、一番の交渉権が得られます。

しかしその一方、売主側の不動産仲介業者の立場からすると、売却物件の募集を停止しなければならないほど重要な書面です。

そのため、売主様に書面の提出や交渉・調整の際は非常に緊張しますし、購入申込書の提出以後にキャンセルをいただくと、本当に辛いです。売主様との信頼関係にも影響を与えますし。

なので、まだ迷っていてキャンセルをする可能性がある場合は、購入申込書は記入をしないでください。

購入申込書に法的拘束はありません。

とは言っても、購入申込書には何の法的拘束力もありませんので、キャンセルをしたからといって、違約金や賠償金が発生することは一切ありません。

しかしながら!物件は販売停止し、売主様は契約に向け準備を始めてくださいます。

販売停止中に他のお客様が出てくるかもしれないのにです。

逆の立場になって考えていただければ分かると思います。

というか、固い購入意思を確認していないのに、申込書を提出させる不動産会社やハウスメーカーが悪いです。

僕も購入申込書提出の後にキャンセルをしてしまったことが、何度かあるのであまり強くは言えないですが。。。。

不動産購入申込書は必ず、購入の固い意志を持って記入をするようにしてください。

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 大柄な見た目以上に声が高く萌えないギャップ / 髭が濃い / 仕事になると真面目 / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア101。まだまだ遠い道のり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward