ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2019年06月20日
ブログ

家賃と住宅ローンの二重支払い!!?

今回は土地を購入して、注文住宅を建設する場合に、承知しておくべき話です。

 

それは家賃と住宅ローンの二重支払いに関して。

 

「家を建てて引っ越すのだから、家賃と住宅ローンを二重に払う必要なんてない

 

 じゃないか!!」と思われると思います。

 

まさにその通りです。笑

 

引越しのために、家賃と住宅ローン支払いが重複したとしても1カ月程度。

 

では、何を承知しておくのでしょうか。

 

 

それは【住宅建築中の土地のローン支払い】です。

 

 

はてさて?建築中の土地ローン??

 

なんて方もいらっしゃるかと思います。

 

住宅建築の経験がない方は、全く知らない世界なので当然です。

土地購入の住宅ローンは先行して返済スタート

自分の家を建てる土地は自分のものでないといけませんので、まず土地を購入します。

 

(実際には土地購入の際に建築会社をほぼ決定しておく必要がありますが、その理由

 

 については、またご紹介いたします。)

 

 

住宅ローンの借入れして土地購入をした方は、自分の土地になった日から土地ローン

 

の返済がスタートします。

 

つまり、建物の建築中に先行して土地の住宅ローン支払いはスタートしているのです。

 

したがって、住宅を建設している期間(およそ6カ月ほど)は家賃と土地の住宅ローン

 

返済の二重支払いが発生します。

 

土地代金が1,800万円だった場合はおよそ月5万円。(35年、金利1%)

 

1,400万円の場合でも、およそ月4万円(35年、金利1%)の支払いが家賃に

 

上乗せで必要になってきます。

 

資金計画という大きな枠組みのなかで忘れがちですが、そのあたりの「資金繰り」も

 

気にしてみましょう。

 

ちなみに銀行さんによってですが、住宅入居のタイミングにあわせて土地ローンの返済

 

をスタートさせてくれる場合も良くあります。

 

ただし、返済を先延ばしにしても、その期間の金利分は支払わなければいけませんので

 

総合計返済額が増加してしまいます。そのため、おすすめはしておりません。

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward