ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2019年02月21日
ブログ

高額な中古物件を売却する方法。

以前、中古物件は2000万円前半を超えると中古物件は売れづらくなるという話をさせていただきましたが、私が高額な中古物件を預かった際にどう売却を提案するかお話したいと思います。

ちなみに全く真新しい方法はございませんので。笑

結論から申し上げますと、普通の物件よりもターゲットをピンポイントで絞ります。

間口は無駄に広げません。

どう絞るかは物件を見て考えます。

敷地の広さや陽当たり、建物の広さ、学区、駐車場、お庭、太陽光、間取りなど市場に出ている他の物件と重複しない部分を切り取り徹底的にそこを推します。

予算や重視するポイントが異なるので99%のお客様には響かないでしょう。しかしながら、1%に響けば売却は完了します。

反響が10件あろうが、1件であろうが購入される方は1家族のみです。

物件の特徴によってターゲットを絞る。

高額な中古物件でなんの特徴もない住宅などありません。

土地か建物にこだわりを持った末に高額になっているのですから。

建売住宅などの場合は差別化が難しい場合もありますが、基本的に物件ごとに特徴はあります。

売主様が良いと思って建てたお家ですので、必ず他の方も良いと思うに決まっています。

多少時間は必要となりますが、物件の特徴を把握して物件の推しポイントも販売活動もターゲットを絞って行っていけば高額な中古物件でも問題なく売却できます。

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 大柄な見た目以上に声が高く萌えないギャップ / 髭が濃い / 仕事になると真面目 / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア101。まだまだ遠い道のり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward