ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2019年07月20日
ブログ

「ひとり社長の稼ぎ方・仕事のやり方」 一圓 克彦 著

本屋さんでタイトルをみてすぐに手に取りました。笑

開業をした半年前に出会っておきたかったという感じです。

 

一圓さんはもともと大企業の経営にも携わるほどのエリートサラリーマンでしたが、満員電車が嫌でひとり社長となられました。笑

ひとり社長とはどういうことか。

どのような商品をあつかい、何を意識して開業するか。

どのように利益をあげるのか。

どのように営業し、売上げをあげるのか。

どのように自己管理をするのか。

どのように宣伝・情報発信をするのか。

 

などについて、一圓さんの経験や失敗談とともに書かれています。

失敗事例はもちろんのこと、情報発信や自己管理など、ひとり社長ならではの話はとてもヒントになります。

 

ひとり社長になられる方、なかでも社長になることだけ決めて何をするのかまだ決めていない方にはぜひ読んだ方が良いです!

普通のサラリーマンが読んでも吸収できる部分は非常に多く、営業戦略の内容に関しては、心理学的なアプローチやお客さんのカテゴリー分け、チラシやPOPで使える具体的手法など、すべての営業マンに置き換えることのできる内容です。

売りたいなら売り込むな

印象に残っているのは、「売り込むな」ということ。

フレーズや言い回しではなく、「売り込むな」という結論と、じゃあどう売るのかについての話が記憶に強く残っています。

これは、「つながりで売る法則」「非常識な成功法則」でも言われていたことで、反復になるぶん、その重要性を再確認させられました。

では、どう売るのか?

その答えは人それぞれ、どれだけお客様の目線に立って伝えることが出来るかによってきます。

水道会社のマグネット広告のような、欲しいと感じた時に目の前にある工夫、欲しいと感じた時に自分が出てくるような工夫を凝らすことが必要だと。

また、お客様自身がその商品を手に入れたときに、自分はどう利益を得られるのかを想像できるようにしてあげること【自己投影】が重要であるとも話されています。

形容詞を使わないで、数字で表現する。

POPや広告の主語はお客様。

など、具体的な手法にまで言及されていますので、自分のやり方に活かすことのできるヒントはたくさん頂けました。

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward