ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2019年08月27日
ブログ

案内物件を「購入しない」は大歓迎!

不動産の購入をご検討いただく場合には、必ず現地をご見学いただきます。これは、新築でも中古でも土地でも戸建でもマンションでも、現地を見ない事には決断や判断ができませんし、後々のクレームの原因にもなりますので、必ず現地案内はさせていただいております。

個人的なイメージでは、ご購入者様のおよそ6割ほどがご見学の当日に購入申し込みを行ったり、銀行の事前審査を行ったりと次の段階に進まれていきます。

一方で残りの4割ほどの方が、一度持ち帰って家族会議やお金の相談をしてから、返答を出すといった感じです。

結論を持ち帰ったお客様のうち、前向きにご検討いただいているお客様からは、当然ですが連絡があります。しかし、購入をしないという結論に至ったお客様は4人に1人ほどは連絡が取れなくなってしまいます。

不動産会社としては、この「連絡が取れない」が一番困ってしまいます。

連絡なしが実務的にも心情的にも影響が大きい

「購入しない」旨の連絡は歓迎ですので、気軽にしてください!

おそらくですが、「気まずい」「押しの強い営業をされそう」などの印象から連絡をするのが億劫になってしまったのだと思います。担当者が嫌なのかも。。。。

実務的な観点から「購入しない」旨の連絡でも大歓迎の理由をお伝えします。

物件を紹介する不動産会社は、その状況を売主(もしくは売主に依頼されている不動産会社)に報告しています。つまり【報告の義務】があるのです。加えてもう一点、【買主様同士の兼ね合い】もあります。

どんな物件でも、購入できるのは1組だけです。その1組は基本的に早いもの順です。その物件を検討しているのがあなただけでない場合も多数あり得ます。あなたの回答で他の買主様の回答が変わることもあり得るのです。これが【買主様同士の兼ね合い】です。

なので、どうするかという返答さえ無いのが一番困ります。だから「購入しない」旨の連絡は大歓迎!!気軽に連絡してください。

あとは、誠実さの問題もありますので、ぜひ連絡してください。

不動産会社も案内物件の勉強をして、案内の提案をして、案内の時間を取っていますので。やっぱり連絡が取れなくなるのは寂しいし残念ですしね。

という事で、「購入しない」のご連絡、どうぞよろしくお願いいたします!!!!!笑

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward