ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2020年02月27日
ブログ

新型コロナウイルスが恐い!不動産探しも控えるべき!?

新型コロナウイルスが猛威をふるってきていますね~

静岡マラソンをはじめ、静岡市でもイベント開催中止が至るところで発表されています。残念ですが、しょうがありません!

幸いと言って良いのか分かりませんが、静岡県ではまだ感染者が出ていませんので、最低限の予防を欠かさなければ何とかなるかと勝手に思っています。
とはいえ、症状が出ないだけで、すでに感染している人はいるかもしれませんね。

とりあえず、不要不急の外出は避けましょう!!

・・・・・とのことですが、お家の購入を検討している人はどうでしょう。

なりふり構わず検討は中止して、休みの日は自宅待機だ~!
となると、せっかくのお得なタイミングを逃しちゃうかもしれません。

そんなことにならないように、不動産をお探しの方へアドバイス。

◆新築建売を検討中なら今がチャンス!今を逃すならコロナ終息後でOK!

◆注文住宅を検討中なら年内引渡しから逆算を!コロナ終息後からの土地探し・住宅会社探しでは遅くなるかも。。。。

◆中古住宅を検討中の方は焦らずコロナ終息後でOK!

新築建売は決算期が近い今がチャンス

新築建売物件の場合は、まさに「今」でしょ!状態です。
コロナ対策をしっかりして、物件探しに行くべきです◎

3月末の決算までにお引渡しを完了したい住宅会社は、多少の金額交渉を受けてくれる可能性が大きいです!

何百万円、何十万円という節約ができるのもこの時期だからこそ!!
1年に1度だけのチャンスですので、動くべきだと思います。

ちなみに3月中旬くらいになると、住宅ローン利用者は3月末の引渡しに間に合いません。
したがって、3月中旬くらいに物件探しをするならコロナ終息後でOKです◎

土地探し!注文住宅では今年中に完成・引渡しが目安

注文住宅の方が意識しなければいけないのは、住宅ローン控除です。

今年中の完成・引渡しであれば控除期間13年で受けられますが、来年になってしまうと控除期間10年となってしまいます。
建物価格や支払っている所得税等にもよりますが、何十万円という単位で差が出ます。

難しいのは、建築期間も考慮しなければいけない点です。
建築に半年かかるのであれば、6月には土地を取得してなければいけません。
6月に土地を取得するには、5月に土地購入の契約をしていなければなりません(住宅ローン利用者の場合)。

となると、あまり猶予はないかもしれません。
新型コロナウイルスもまだまだ終息しそうにないので、心配で土地探しを先延ばしにしていると5月契約には間に合わないくなってしまうかもしれません。

土地の場合はネットで見て、車で現地をサラッと確認すれば不動産会社と会うこともありませんので、出来るだけ今のうちに探すべきだと思います。

中古住宅は新型コロナウイルス終息後でOK

中古住宅の場合は焦る必要はありません。
特に今のタイミングだから受けられるメリットもありませんので。

ただし不動産は全て一点ものですので、どうしても気になる!欲しい!という物件がある場合は、すぐ行動が最善策です◎

しいて注意するのならば、売主が不動産会社の中古住宅。
この場合は住宅ローン控除が受けられる可能性があります。そうなると、今年中に引渡しを受けなければいけません。
ですが、中古住宅の場合はすでに建っているので1カ月あればOK、11月まで余裕があります。

さいごに

不動産には、そのタイミングでしか受けられない恩恵があります。

新型コロナウイルスで様々なイベントが中止になっていますので、外出を控えられる方も多いはず。
新築住宅、土地購入に関しては、「今」探すことのメリットがあります。

静岡は車移動が基本なので、会うとしても不動産会社の人くらいです。
不動産探しにおいては敏感にならずに、いまメリットがあるのであれば、外出してみるのも良いと思います◎

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward