ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2019年02月09日
ブログ

住宅ローンを借りるときは団体信用生命保険への加入が必須です。

ほとんどの方がマイホーム購入の際に住宅ローンを利用されます。

その際の借入条件として、ほぼすべての銀行で団体信用生命保険の加入が義務付けられています。

団体信用生命保険は住宅ローン契約者が完済前に亡くなってしまったり、高度障害になってしまった場合に、保険会社が残りのローンを肩代わりしてくれる保険です。略して団信と呼ばれています。

これにより銀行も家族も安心して住宅ローンの契約を結ぶことが出来ます。

住宅ローンとは35年と長いお付き合いになる人も多くいるなかで、残された家族にとっては安心できる内容の保険と言えます。

また団信には種類があり、自分にあったものを選ぶことが出来ます。

団体信用生命保険にもガン特約付き、三大疾病特約付きなどがございます。

団体信用生命保険とは、住宅ローン契約者が完済前に亡くなってしまったり、高度障害になってしまった場合に、保険会社が残りのローンを肩代わりしてくれる保険です。

万が一の場合に残されてしまった家族を経済的なリスクから守ることが出来ます。

では、ガンや心筋梗塞などにより仕事をできなくなってしまった場合はどうなるのでしょうか。

残念ながら、普通の団信では保険適用外となってしまいます。

そこで登場したのがガン特約付き、三大疾病特約付き、八代疾病特約付きなどの付加保障のついた団信です。

働けなくなるリスクにも対応しており、近年加入者が増加しているようです。

多くの銀行で取り扱いがあり、住宅ローン金利を0.1%~0.2%ほど上乗せすることで普通の団信に保障を付加することが出来ます。

お客様ごとに加入されている生命保険の内容が異なるため、一概に保障付きをおすすめしておりませんが、住宅購入の機会に生命保険等の見直しを行うのも良いかと思います。

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward