ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2020年04月11日
ブログ

知識のない素人ほど上客という不動産会社の裏側

ちょっぴり刺激的なタイトルをつけてみました!
なんだか生意気そうな感じを受け取らせていたら、すいません。笑

実はこれ、不動産会社からすると当然のことで、知識のない素人さんほど情報操作をすることができるため、とても誘導をしやすくなります。


・・・・・めちゃくちゃ恐くありません?笑
一生に一度の買い物を、操作されているんですよ?


でも、よくよく考えると、なにも不動産に限った話ではありません。
私たちは色んなところで、情報を操作されています。

例えば、ほとんど料理をしない私が料理を作ろうとした場合、YouTubeでレシピ動画を調べます。プロの料理人からすると、その動画があからさまにおかしなレシピだとしても、おそらく私は気が付かずに、黙って従います。
つくり終えて味見して、失敗だった~!!と気づくのです。

恐いのは、そこで気付いても、自分がどこかでミスったケースも考えられ、すぐに「YouTubeの動画が間違っている!」とはならないことです。

これが料理なら良いですが、不動産だったらゾッとしませんか?

だからこそ、不動産について知っておいて欲しいのです。
失敗した!後悔している!
とならないために。

国を挙げて建築業界・不動産業界を盛り上げた

戦争敗戦国の日本がここまで成長してきた背景のひとつに、日本の建物が「スクラップ&ビルド」方式であったことが挙げられます。

スクラップ&ビルドとは、建物を建てて壊す。また建てては壊す。という行為を指します。

災害が多く建物の安心・安全が常に求められてきた、ということもありますが、国を挙げて建築に力を入れてきたことが大きいと思います。

住宅が一生で最も高価な買い物であるように、建物の建築や不動産の取引では、非常に大きなお金が動きます。
1棟の建物を建てると、建築会社・大工・外構屋・水道・住宅設備・足場屋・板金屋など、たくさんの会社に仕事が行きわたります。
それだけ経済が回るという事です。

くわえて、建物を壊せば解体屋や廃棄物処理の会社にも仕事がまわります。

1つの建物を壊して、建て直すというのは経済を回すのにもってこいなのです!

そのため、住宅購入はいつの時代も優遇措置があります。
現在であれば「住宅ローン控除」や「すまい給付金」、「居住用財産の3000万円特別控除」などです。

何を言いたいかというと、日本では国をあげて住宅購入・不動産取引を活性化させているという事実があるのです!

その情報は本当に正しいですか?

国をあげて住宅・不動産の活性化を促しているとなれば、当然ながら様々なメディアや媒体でも、住宅購入をすすめる方向に行きがちです。

不動産業界1年目にベテラン上司から教わったことがあります。
それは、「いつの時代も買い時だし、売り時」だということ。
※当時はゴリゴリの営業会社でした。笑

不動産を購入する外的環境はいつの時代だろうが、何かしらあります。

好景気なら土地の値段が上昇する前の今がチャンス。
不景気なら住宅ローン金利が下がっている今がチャンス。
買い時で購入者が多くなっている今は、需要過多で売るにはチャンス。

ほらっ、いつでも買い時だし、いつでも売り時です。笑
どうですか?それらしく聞こえてきませんか?目の前の営業マンを信頼してきてしまいませんか?

でも、マイホーム購入がこんなんで良いはずがありません。
だから、もっと知っておいて欲しいんです。

不動産購入とは、どんなもので、どうやって進めていくのか。
不動産売却とは、どんなもので、どうやって金額を決めていくのか。

ぜひとも勉強して欲しい

結局ここに繋がってしまいます。
「無知は罪なり」とはよく言ったもので、私自身も歳を追うごとに実感しています。
まだまだ元気な30手前ですが。笑

本当にその住宅ローンを組んで大丈夫ですか?
本当に今月内に契約しちゃって大丈夫ですか?
本当にそれ以上の節税はできませんか?

こういった事を自分で判断する知識が全くないと、不動産会社の言いなりになってしまう可能性があります。
ちょっとでも知っていれば、立ち止まって再確認できるかもしれません。

あなたの目の前の人は、営業マンです。
あなたの理想の住まい実現と、同じくらいかそれ以上に今月の数字を見据えています。
悲しいけど現実です。私も嫌というほど経験してきました。
※いまは違います!全然営業しません。笑

一生で一番高価な買い物だからこそ勉強しましょう!
少しでも自分で判断できるようになりましょう!

誰が書いた記事なのかは要チェック

誰しもが気軽に情報を発信することができるようになってきました。

不動産でもたくさんの会社さんが、様々な情報を発信してくださっています。

そんななかで、ひとつだけ注意事項があります!
それは、その記事を書いているのはどこの誰なのか。具体的には、不動産従事者なのかどうか。

最近ではアフィリエイトなどが一般化して、不動産の記事もあふれかえるほど存在します。なかには、広告に誘導するためのアフィリエイトサイトも多数存在します。

そういったサイトでは、それらしいことが書いてありますが、書いているのはみなさんと同じ不動産の素人です。
記事の書き方についてはプロなので、受け売りの記事を上手に編集して、一括査定サイトなどに誘導するよう作られています。
うらやましいほどの文才です。。。。。。笑

こういった記事は、間違ったことが書かれていたり、実務とかけ離れたことが書かれていることが多々あります。
経験者を名乗っている方が書いていると思ったら、自宅を購入しただけの一度しか不動産取引経験のない方だったりします。

こういったアフィリエイトサイトは、広告収入を得ることが目的です。
正確な知識を知ってもらうことが目的ではありません。

さいごに

多くの方にとって、耳が痛い話だったかもしれません。

私もタイトルのような時代を経て今に至っているため、こんな記事を書いて良い身分なのか迷いましたが、書いちゃいました!笑

不動産屋さんの印象がさらに悪くなってしまいそうですね。


「信頼できる担当者を見つけましょう!」って聞きますよね。
私もよく使ってしまいますが、知識格差があるのでどんな担当者でも信頼できるようにみえます!笑
自分の知らないことを教えてくれるのですから。

信頼できる担当者じゃなくて、徹底的に味方でいてくれる担当者を探すのが良いと思います。
これをしてくれる不動産会社さんは案外少ないです。
成功報酬である不動産では、お客様の判断によっては自分の売上がゼロになってしまうため、お客様の判断や決断に味方でいる事は、言葉で言う以上に重みがあります。

とはいえ、たとえ味方でいてくれない不動産会社さんでも大丈夫なように、しっかり自分で知識をつけること!
人生で最も高価な買い物です。

安心してください。勉強した時間が無駄にならないほど幸せな生活が待っています!
この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward