ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2020年04月21日
ブログ

不動産買取は買取業者1社と仲介会社1社に依頼しましょう

買取で不動産を売却したいと思った場合には、どう動けば良いのでしょう。


普通に不動産会社に連絡してお願いすれば良いのかな?

インターネットを使った一括査定を利用すれば良いのかな?

とりあえずチラシの入っていた不動産会社に任せれば良いのかな?


この記事を読めば、そんな疑問も一発で解決します!


結論を先にお伝えしますと「不動産買取では買取会社1社と仲介会社1社に依頼をかける」ようにして下さい。

その理由を、静岡市の不動産会社ライフアーキが解説いたします!

買取のメリット・デメリットをおさらい

不動産の売却方法には【買取】と【仲介】の2パターンあります。

【買取】は不動産会社等の事業者が直接不動産を買い取ること。

【仲介】は売主様から依頼を受けた不動産会社が買主を探して売買契約を成立させること。

と分けられます。


【買取】についてのメリット・デメリットは以下の通りです。

◇メリット

・短期間での売却が可能

・見通しが立てられる

・瑕疵担保免責が可能

・近隣に内緒で売却が可能

・手間がない

・仲介手数料が不要


◇デメリット

・仲介よりも売却価格が低くなる



金額は安くなってしまうけど、いつ・いくらで現金化が可能なのかがすぐにわかるというのが不動産買取の魅力です。

一方の仲介は、金額は高くなりますが、いつ・いくらで売れるかが分からず、先の見通しが立てられないデメリットがあります。

自分で買取業者を探すメリット

必ず1社は自分で買取会社を探すようにしましょう。

その理由は、選択権を持つことにあります。


不動産会社に丸投げしてしまうと、不動産会社の思惑通りに話を進める事ができるようになってしまいます。

これは避けたいですよね!

不動産会社側の心情とすると、自分の知らないところで進んでいる話があるほうが身が引き締まりますし!笑


自分の方でも直接買取会社とやり取りを行って、仲介会社を挟まないという選択肢を持っている方が、話をすすめるにも大きなメリットとなります。


また、自分で買取会社を探せば仲介手数料がかかりません。

同じ金額で買取ってもらうとしても、不動産会社を挟むのと挟まないのとでは、最終的な手取り金額に差が出ます。

そういった意味でも、自分で買取会社と直接やり取りをする選択肢は確保しておくべきです。

デメリットを補う仲介業者

仲介手数料が不要なら、自分で買取会社を探した方が良いじゃないか!
と思いますよね。

しかしながら、自分で買取会社を探す場合にはあるデメリットが生じてしまいます。

それは、買取会社の得手・不得手を知らないことです。


買取を行う不動産会社は数社だけではありません。

静岡市内でも数十社、もしかすると百社を超えるかもしれません。

それらの会社にはそれぞれ得意分野・不得意分野があります。

土地・中古戸建・中古マンション・不整形地・分譲・建売・マンション用地・太陽光用地・がけ地などなど、それぞれの不動産の特性によって依頼すべき不動産会社は異なります。


特に強いのが地域性です。

道路一本挟んだだけで、大幅に価格が変わる不動産では、それぞれの会社が根城にしている地域が存在します。

その地域であれば、強気で買取を行うという会社さんも多数存在します。

決してその地域の不動産会社だから、その地域に力を入れているとは限らず、その会社での販売実績や反響率などに応じて、各社力を入れるエリアがあったりします。


われわれ仲介会社は、それらを考慮して買取会社に物件を紹介します。

しかしながら、一般の方がこれらを判断するのは困難なため、中古戸建が強い会社に土地買取を依頼するケースや、不整形地なのに建売会社に持っていくケースなどがあります。

結果的に、仲介会社に支払う仲介手数料を考慮しても、自分で依頼した買取会社より、仲介会社が紹介してくれた不動産会社の方が高額になることもあります。


自分だけでは分かり得ない情報をもっている仲介会社だからこそ、買取会社の特性が分からないというデメリットを解決する存在になってくれます。

仲介会社は必ず1社のみ

依頼をする仲介会社は必ず1社のみにしてください。

一括査定を利用するなんて、絶対に避けてください!

これは買取会社への依頼も1社にして欲しい理由にも通じます。


理由は、買取会社へ重複して情報を流さないためです。


買取会社Aに仲介会社Bからも仲介会社Cからも、同じ買取情報が来たとします。

そうなると、「あれっ、そんなに流通している情報なんだ。」と思われてしまいます。

この印象は「なんとか買いたい!」という気持ちを「買えたらいいな~」くらいに下げてしまい、買取価格にも影響します。


一般の人を相手にする仲介と違い、買取ではむやみに情報を流通させるべきではありません。

誰しもが知っている情報よりも、まだ流通していない情報の方が鮮度が高く魅力的です。


先日ブログで紹介した「入札による不動産売却」でも、窓口の会社は1社です。

購入検討者に対して、複数社から紹介をする事態にはなりません。


一括査定を行ってしまったら、一気に多数の仲介会社に情報が流れます。

その仲介会社はほぼ同時に買取会社を探し始めます。

となれば、特定の買取会社にも様々な仲介会社から同一の情報が集まります。


3社からも4社からも、同じ物件を「買ってください!」と言われたら、どうでしょうか。

魅力的に見えていた物件も、買う気すら失せてきませんか?

当店の取り組み

ライフアーキでも買取を行うことは可能です! ※静岡市内に限ります。

しかしながら、まだ開業2年目。銀行がやすやすと大金を貸してくれるはずもなく、あまり高額な物件は購入できないのです。笑

恥ずかしながら、これが現実!まさにいま頑張っている最中です!


とはいえ、仲介会社としては抜群の働きを見せられると思います。

ハウスメーカーのお客様の土地探しを代行したり、戸建の販売会を行ったりしていますので、市場の動向や人気エリア、売出中の物件情報に関しても熟知しております。


また個人業者だからこそ、不動産会社とのお付き合いも多く、様々な会社の注力エリア・物件を知っています。

大手が知らない買取会社、老舗の会社ではできないスピード感をもって、ご要望にお応えできると思います。

さいごに

不動産では知らないことで損をしてしまうことが、たくさんあります。

この不動産買取もそのひとつです。


何も知らずに買取会社だけに依頼をする。

何も分からず仲介会社だけに依頼をする。


そうすると、実際にもっと良い条件で売却を行うことができたとしても、知らないままになってしまいます。


知らないまま終わっていけば、「満足のいく売却だった。」
で良いのかもしれません。

でも、再販売された金額を知って驚かれる方もいらっしゃいます!

なんだか嫌な気分ですよね。


売主様も買主様も仲介会社も、後悔のない売買を行えるのが最良です。

そのためには知ること!
不動産会社の言いなりに抗うすべを知っておきましょう!


不動産買取では、それが買取会社1社・仲介会社1社に依頼するという方法です。

買取で不動産売却をお考えの方は、ぜひ実践してみてください!

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward