ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2020年06月07日
ブログ

自動車ローンが残っていると住宅ローンにはどんな影響があるの?

住宅購入をご検討のお客様から

「いま自動車ローンを借入れしているけど、住宅ローンは借りられるのかな?」

「自動車ローンを借りていると審査に影響はあるの?」

といったご相談をいただきます。


自動車ローンも住宅ローンに組み込めます。なんていう、ネットの記事もあったりします。

実際のところ、自動車ローンと住宅ローンの関係性はどうなのでしょう?


静岡市の不動産売買専門店ライフアーキがお答えいたします。

お家が欲しい!車も買い換えたい!とお考えの方はぜひ読んでみてください。

住宅ローンと自動車ローンの関係性

まずはじめに、冒頭の質問に答えておきましょう。

自動車ローンがあっても、住宅ローンは借りられます!
借入可能額への影響はありますが、審査自体への影響はありません!


銀行は返済比率という指標によって、住宅ローンの上限額(上限割合)を設定します。

返済比率とは、年収に対するローン返済額の割合です。
(例:年収500万円の方が年間100万円のローン返済を行っている⇒返済比率20%)

この上限割合は銀行によって異なります。

ここで重要なのはローン返済の意味で、ここで言うローン返済は住宅ローン・自動車ローン・奨学金・フリーローン・携帯機種代金分割払いなど、さまざまな返済が含まれます。

すべての借入を一括して返済比率で計算します。

したがって【 自動車ローンが残っていると借入可能額が圧迫されて、住宅ローンの借入れ可能額が少なくなる かもしれない】ということが言えます。

計算をすれば借入れ可能が計算できる

自動車ローンが全体の借入可能額を圧迫しているときには、自動車ローンを完済しないと、希望額の住宅ローンが借りられない場合もあります。


これは計算で知ることができます。

源泉徴収票(年収を確認する書類)
自動車ローン償還表(自動車ローン残高・返済額が分かる書類)

この2つがあれば、銀行に行っても、不動産会社に行っても計算してくれますよ~!

少し細かい話ですが、銀行によって返済比率の設定や計算に用いる金利の設定が違いますので、結果が多少異なります。

自動車ローンも住宅ローンに組み込めるのか

住宅ローンは他のどんなローンよりも、圧倒的に金利が低いです。

2020年6月現在、変動金利であれば0.5%~1%で借りることが出来ます。

自動車ローンは金利キャンペーンなどのときで1.8%とか2%とかでしょうか。
結構な差がありますよね。

住宅ローンに自動車ローンも組み込んで借りられれば、金利差がある分だけお得ですから、ぜひそうしたくなりますよね。


ですが、住宅ローンに自動車ローンを組みこむことなど出来ません。
もしそんな方法があるのであれば教えてください!


住宅ローンは住むための家を購入するときに利用するローン。

自動車ローンは自動車を購入する時に利用するローン。

借りる目的が違います。

少し前にフラット35という住宅ローンの不正融資が問題になりました。

これは、投資用不動産の購入に住宅ローンを利用していたことが問題でした。


このように、それぞれの目的に応じたローンが定められています。

住宅ローンに自動車ローンを組みこむことなど出来るはずがありません。

このような提案を受けた場合は、違法の可能性もありますので、信用してはいけません。

家と車どっちが大事か考えてみる

これからお家を探したい!でも車も買い換えたいな~!

とお考えの方、
何も考えずに自動車ローンを借りるのだけはやめてください。

最悪なパターンは、

「自動車ローンが借入可能額を圧迫して希望額が借りられない」ことです。

このときに一括返済できる現金があればOKですが、その余裕がない場合は、自動車ローンが完済できるまで住まい探しを諦めるか、予算を縮小して住まい探しをする、という方法しかありません。

お家と車、どっちが大切か考えてみてください。


先に自動車を購入する場合は、

◆自動車ローンを借りずに現金で購入する
◆自動車ローンを借りるが、一括返済できる現金を手元に残しておく

という方法がおすすめです。

カーリースの扱い

カーリースってご存知ですか?

利用したことがないので詳しくはないですが、リース会社から月々1万円台で新車を借りて、5年後には乗換や買取が出来るようです。

「月々1万円から新車に乗れる!!」なんてフレーズでCMもやっていますよね。

このカーリースが借入可能額に影響を与えるのかは、まだハッキリ分かっていません。

自動車ローンは金融機関から自動車購入金額を借りて、自動車販売店へ支払いを行って、毎月金融機関へ返済を行っていきますので、金融機関が記録を残し、他機関と共有します。

一方の、カーリースはリース会社が購入した新車の自動車を借りるという形です。
融資は受けていないですし、リース会社との契約ですので、返済比率には反映されなさそうです。

カーリース利用者様の住まい探しのお手伝いをしましたが、個人信用情報にはカーリースの記載がなかったようですし、審査結果からカーリースが借入可能額を圧迫している様子はありませんでした。

もしかしすると、カーリースは借入可能額に影響を与えないのかもしれません。
でも、普通に考えてそんなはずはないので半信半疑です。笑

銀行ごとの回答でも、カーリースの扱いが違うようにも感じました。

静岡銀行の融資専任担当者2名も、カーリースはまだ扱いがはっきりと分からず回答できないという感じでした。

さいごに

自動車ローンと住宅ローンの関係性をご理解いただけましたでしょうか。

すでに自動車ローンを組んでいる方は、資料を用意して計算を行ってもらう。

その結果から、

自動車ローンを組んだまま住宅ローンを借りる
自動車ローンを一括返済して住宅ローンを借りる(一括返済しないと希望額が借りられない)

の選択をしなければいけません。


近い将来、お家の購入を考えている方は自動車ローンをできるだけ利用しない。

利用する場合は、一括返済できる資金を置いておく。

ということが必要になります。

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward