ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2020年08月25日
ブログ

見落としがちな住まい探しの外的要因!建築価格も上がっていくんです!

20年前、缶コーヒーは80円でした。

それが気が付けば、100円・120円、いまでは130円で売られています。

消費税増税の影響もありますが、原材料の高騰などそれ以外の要因によるところも多いです。


お金の流通量が増加すれば、世の中のお金の価値は落ちていきます。

これまで世の中に10兆円しかお金が存在しなかったのが、世界中でお金がすられ明日には10兆100万円のお金が存在するようになるので、必然的にそうなります。


お金の価値が落ちるという事は、100円で買えていたものが110円でないと買えなくなっていくという事です。


つまり、先延ばしにすればするほど購入にかかる費用は増加すると言えます。

これは大きな金額が動く住宅ではより影響が大きく、年々着実に建築価格は上昇しています。

27年間で400万円の値上がり

下に示す表は、国土交通省が作成している建築価額表です。

譲渡税の計算などで用いる表で、建築年月日に応じて標準的な建築価額が建物構造に応じて示されています。


平成元年に建築した木造住宅の1㎡当たりの標準建築価額は123,100円です。

つまり、延床面積が100㎡の家を建てるのに、1231万円の費用がかかるとされていました。



これが平成27年になると標準建築価額は165,400円です。

延床面積100㎡の家を建てるのに、1654万円必要となります。

同じ大きさの建物を建てるのに、27年間でおよそ400万円も高くなっているのです。

コロナの影響

ここでも新型コロナウイルスの影響が出てくるのではないかと思っています。


たとえば、国民一人当たり10万円の給付金。

非常に助かりましたし、6人家族のお客様なんて季節外れのボーナスだと大喜びです!

ただ、少し視点を変えると日本国内に12兆円( 1.2億人 × 10万円 )のお金が増えたことになります。


日本だけでなく、アメリカでも欧州でも金融緩和を行っています。

世界的にどんどんお金を刷って、市場に投下しています。


原理としては、そのぶんだけお金の価値は相対的に下がり、モノの値段は上がるのだろうと予測できます。

実際にどうなるのか、全く予想はつきませんが・・・

住宅ローンを借りるには良い「超低金利時代」

住宅の建築価格は先延ばしにするほど、高額になってきます。


くわえて、いまは超低金利時代と言われ、変動金利で0.5%で住宅ローンを借りることが出来ます。

このうち0.2%は団体信用生命保険の加入料ですので、銀行の取り分は0.3%だけです。

35年ローンで3000万円を貸しても、利子は総額で約160万円です。

35年間で約160万円ですよ!1年間だと約4.5万円です!

すでに住宅ローンの融資だけでは成り立っていません。
住宅ローンを切り口に家庭のメインバンクとなることで、保険や定期などの利用をしてもらうことで成り立っています。

そのため、これより金利が下がることはほぼ有り得ないと思います。


長期間かりる住宅ローンは金利の影響が大きく、もしも金利が1%あがったら35年ローン・3000万円の借り入れで、総額約575万円の返済額増加になります。

月額では約1.4万円の返済額増加です。

購入する物件は同じでも、住宅ローンの金利が変わるだけでこれほどまで大きな差となって直撃してくるのです。

さいごに

「家が欲しい!」そう思った時が、住まいの買い時です。

家を買えば、子供に部屋を持たせてあげられる。

家を買えば、子供を家の中でも遊ばせられる。

家を買えば、置き場所のなくなった荷物もばっちり収納できる。

このような家を購入する理由や現状への不満に気が付いた時が、一番の買い時だと思います。


しかしながら、いまの外的要因を考えると、どうせ買うのであれば間違いなく早い方が良いです。

よく言われる超低金利の影響は本当に大きいですし、家賃がもったいないなんてのもあるかもしれません。

見落としがちですが、住宅の価格自体が上がってしまう。ということもあるんですね~

本当にいまは早い方が良いことだらけ。

うちもいつかは・・・、そうお考えの方もぜひとも一度住まい相談をしてみると良いかもしれませんね。

この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward