ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2020年08月28日
ブログ

本日から不動産取引時にハザードマップを提示して水害リスクを説明することが義務化されます。

本日、令和2年8月28日から不動産取引時にはハザードマップを提示して、水害リスクを説明することが義務化されます。

 

今日以降に不動産の購入、賃借する方は必ず重要事項説明書に説明があるのか確認してくださいね~


施行が決定したときの記事でも書いたように、不動産売買においては、これまでも水害リスクがある物件についてはしっかりと説明していたので、さほど大きく変わることはありません。

唯一、重要事項説明書に項目として追加されるので、書面的な変更を加えないといけないかな~程度です。


本日からの施行ですので、いま一度おさらいしておきましょう。

具体的な説明事項

水害リスクの説明義務と言っても何を説明してくれるのでしょう。

以下に具体的な内容を記載いたします。(報道発表からの引用です。)


 ----------------------------------

◆水防法に基づき作成された水害(洪水・雨水出水・高潮)ハザードマップを提示して対象物件の概ねの位置を示すこと


◆市町村が配布する印刷物または市町村のホームページに掲載されているものを印刷したものであって、入手可能な最新のものを使うこと


◆ハザードマップ上に記載された避難所について、併せてその位置を示すことが望ましいこと


◆対象物件が浸水想定区域に該当しないことをもって、水害リスクがないと相手方が誤認することのないように配慮すること

 
 ----------------------------------


契約時にはハザードマップを印刷等して手交しなけれないけないようですね。

浸水想定区域外でも相手が誤認することのないようにしないといけませんので、どんな土地でも水害リスクは説明しないといけません。

静岡市のハザードマップを確認しよう!

静岡市のハザードマップは防災マップ・津波避難マップ・洪水ひなん地図・浸水ひなん地図の4つに分かれています。


全ての情報を確認出来る「防災マップ」

津波時の防災について詳しく閲覧できる「津波避難マップ」

河川が氾濫した場合を想定している「洪水ひなん地図」

近年増加しているゲリラ豪雨等で排水処理が追い付かず水が溜まってしまうことで起こる内水について確認できる「浸水ひなん地図」


防災マップで確認後、指定があればそれぞれの地図で詳細を確認するのが良いと思います。


「静岡市 防災情報マップ パソコン用はこちらから」

「静岡市 防災情報マップ スマートフォン用はこちらから」

さいごに

線状降水帯やゲリラ豪雨など、数年前には聞いたこともないような災害が毎年日本のどこかで発生しています。

高まる水害への懸念から水害リスクの説明義務に至りました。

自分が住むエリアでのリスクや、万が一の際の避難所を確認しておくことで、災害発生時の行動に役立ててもらうことが目的です。


不動産の取引に関わらず、この機会にいま一度自分の住むエリアのハザードマップを確認しておきましょう。
この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward