ライフアーキ
9:30~18:00
水曜日
2020年09月07日
ブログ

草薙神社の大鳥居の撤去が明日9月8日からはじまります。交通規制は本日9月7日からです!

静鉄ストア草薙店の目の前、交通量の多い南幹線沿いにそびえ立つ草薙神社の大鳥居。

地元民にとっては、草薙のシンボルで目印となるランドマークです。

草薙周辺の方でなくとも、草薙神社の大鳥居と言えば分かる人も多いのではないでしょうか。

僕も静岡や清水からタクシーで帰るときは「草薙神社の大鳥居をくぐってください。」と言っていたので、無くなってしまうのは残念でなりません・・・


撤去工事は9月8日~18日までの間で、大鳥居、石碑2基、道路修繕工事が行われます。

工事期間中は通行止めエリアがありますので、迂回が必要になります。

なぜ撤去されるのか

様々な報道である通り、鳥居はかなり老朽化が進み、ところどころ表面が剥がれ落ちることもありました。

冒頭の写真からも修繕箇所がうかがえますよね。

およそ12mの高さがある大鳥居ですから、剥がれ落ちてきたコンクリートは相当に危険です。

南幹線沿いですので、車も歩行者も通行量が多く、常に人や車が行き来している場所に立地しているので、早急な対応が自治会などから挙がっていました。


しかしながら、実はこの大鳥居、所有者が不明なのです。

神社の所有でも、行政の所有でも、地域での所有でもありません。

1975年に静岡県が再建した記録はありますが、この再建は区画整理の一環で、区画整理事業者が主導で静岡県の補償を得て、再建しました。

所有者ではないけど区画整理地内にあったから、静岡県の補助を得て区画整理事業者が再建しただけで、所有者は当時から不明だったのかもしれません。


所有者が不明だからと言って、老朽化したままで、危険を放置しておくわけにもいきません。

そこで静岡市が代執行という形で、撤去工事を行うことになったのです。

工事期間中は通行止め

9月8日~18日までが工事期間ですが、工事準備でしょうか、通行止めは本日9月7日からはじまります!

東西へ抜け道がありますので、回り道に困ることはないと思いますが、ふたばこども園があったり船越方面への抜け道となっていたり、通行量は少なくない通りですので、混雑が予想されます。

さらに来週は雨予報で車の利用も増えそうなので、時間に余裕をもってくださいね!

迂回路は下図を参考に◎


撤去方法が気になる!!

高さ12mもある鳥は鉄筋コンクリート造だそうです。

おそらく基礎もかなり頑固に深く造ってあるはずです。


どうやって撤去するんでしょう?

気になりますよね!!

クレーンで吊って撤去していくのでしょうが、一気に撤去できませんもんね。
吊りながら切っていくんでしょうかね?

あの鳥居を吊るわけですから、クレーンを支える地盤が崩れる可能性も想定できますよね。


んん~いったいどうやって解体・撤去するんだろう・・・

気になります。雨じゃなかったら見に行きたかった!笑

ちなみに、鳥居・石碑2基の撤去、道路の復旧で約1080万円の見積りとなっています。

高いのか安いのか、全く分かりませんね。笑

かなり大掛かりな工事をイメージしていたので、個人的には思ったより安い!って感じですが、みなさんはいかがでしょう?

さいごに

安全面が最優先で、何かあってからは遅いので、今回の撤去は正しい判断だと思います。


ただ、「なんとか残して欲しかった。」というのが素直な気持ち。

おそらく、撤去を要請した自治会や地域連合の方々も同じ気持ちなはずです。

それだけ草薙の人にとって大鳥居は、地域のシンボルとして大きな役割を担ってくれていました!


これまでの親しんだ景色が変わっていくのは残念ですが、仕方ない。

無事に工事が完了して、地域の安心安全に繋がることを願いたいですね。
この記事を書いた人
内藤 文弥 ナイトウ フミヤ
内藤 文弥
不動産売買店 ライフアーキ代表 / 有度二小 - 清水七中 - 静岡東高 - 山口大学工学部卒 / 見た目は大柄ですが声が高めで恐くない / 髭が濃い / 2019年はゴルフに注力。スコア95を目指します。現在ベストスコア97。ついに100きり / お酒も好きで飲みに行くことも多い / 地元消防団に加入しており、日々活動しております。消防団員も随時募集中です!!
arrow_upward